Movie

Hi Cheers!「(not) just for show」Music Video

Information

  • news

    LAMP IN TERREN、Saucy Dog、パノラマパナマタウンら出演 今年のMashroomは次世代を担う5組による競演!! MASH A&R presents「Mashroom 2021」 初の東京・大阪2公演開催決定!

    More

    THE ORAL CIGARETTES、フレデリックらが所属しているマネージメント事務所MASH A&R。これまで過去に6回、所属アーティストによるイベント「MASHROOM」を開催してきましたが、2021年1月に「Mashroom 2021 〜Hello new wind〜」と題して、1月5日(火)恵比寿LIQUIDROOM、1月23日(土)大阪BIGCATと、第7回目にして初の東阪2会場で開催されます。今回はMASH A&Rの次世代を担うLAMP IN TERREN、パノラマパナマタウン、Saucy Dog、YAJICO GIRL、ユレニワの5組が出演する。追ってオープニングアクトの発表もあるとのことですので、今後の発表もお見逃しなく。

    また、本日よりロンT付きチケットの最速先行がスタートしております。LAMP IN TERREN 松本大(Vo/Gt)がデザインを手掛け、サイズも選べるとのことです。公演前に配送されますので、ぜひこの機会にお申し込みください。

    【開催概要】
    「Mashroom 2021 〜Hello new wind〜」


    出演:LAMP IN TERREN/パノラマパナマタウン/Saucy Dog/YAJICO GIRL/ユレニワ/ OPENING ACT(後日発表)
    チケット代:全自由(ロンT付き・サイズS/M/L/XL)¥6,500(税込/別途送料/+1drink)
    全自由(チケットのみ)¥3,500(税込/+1drink)※後日受付

    <東京公演>
    2021年1月5日(火)東京ebisu LIQUIDROOM
    開場16:00 / 開演17:00(予定)

    <大阪公演>
    2021年1月23日(土)大阪BIGCAT
    開場16:00 / 開演17:00(予定)

    <ロンT付きチケット最速先行>
    受付期間:9月28日(月)18:00〜10月7日(水)23:59
    受付URL:https://eplus.jp/mashroomhp/

    MASHROOM HP
    https://mash-ar.com/mashroom/

  • news

    フレデリック 中毒性溢れる新曲「Wake Me Up」が TBS系「CDTVサタデー」10月度OPテーマ決定!

    More

    22日にEP「ASOVIVA」をリリースしたフレデリック。そのEPに収録する「Wake Me Up」がTBS系「CDTVサタデー」10月度オープニングテーマに決定しました。

    今週リリースされた最新EPに収録の「Wake Me Up」は軽快なダンスロックチューン。現在公開されているミュージックビデオはダンサーとクリーチャーの個性的な動きとメンバー演奏シーンがループする、中毒性溢れる映像となっております。公開直後から日本だけでなく海外からも数多くのコメントが寄せられており、国境を越えて様々な反応が起こっています。

    また、フレデリックは、明日27日(日)にフルバンドでのオンラインライブ『FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」』を開催。加えて、10月10日Zepp Sapporoから「FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜」がスタートします。

    さらに2021年2月には初の日本武道館公演が決定していますが、10月1日よりEP購入者を対象にチケット先行も行われるので、この機会にCDを手にしてくださいね。

    <番組情報>
    TBS系「CDTVサタデー」(毎週土曜深夜0:58)

    https://www.tbs.co.jp/cdtv/
    ※地域によって放送時間が異なる場合がございます。
     詳しくはお住いの地域の番組ガイドなどをご覧ください

    <Wake Me Upミュージックビデオ>
    https://youtu.be/F_whVm9LYiE

    <リリース情報>
    2020.9.22 New EP「ASOVIVA」

    初回盤【CD+DVD】 AZZS-110 / ¥2,400(tax out)

    通常盤【CD】 AZCS-1095 / ¥1,300(tax out)

    各音楽配信サイトにてダウンロード/ストリーミングサービス配信中
    https://a-sketch-inc.lnk.to/frederic_ASOVIVA
    【CD】
    1.Wake Me Up
    2.されどBGM
    3.正偽
    4.SENTIMENTAL SUMMER
    5.リリリピート (FAB!!) Live at FABO!! 2020
    6.ふしだらフラミンゴ (FAB!!) Live at FABO!! 2020

    7.終わらないMUSIC (FAB!!) Live at FABO!! 2020 ※初回盤のみ収録

    【初回盤DVD】
    FREDERHYTHM ONLINE「FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~」(2020.07.18)
    1.ナイトステップ
    2.リリリピート
    3.VISION
    4.もう帰る汽船
    5.ふしだらフラミンゴ
    6.オドループ
    7.終わらないMUSIC
    8.かなしいうれしい
    9.スキライズム

    「FREDERHYTHM ONLINE「FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~」トレーラー
    https://youtu.be/_jpjf68icEE
    フレデリック「かなしいうれしい」Live at FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~
    https://youtu.be/zMlKI1K0D1U

    【CDショップ先着予約購入特典(店頭/オンライン)】
    ・店舗特典
    タワーレコード:A4オリジナルクリアファイル
    その他CDショップ:B3オリジナルポスターカレンダー
    フレハウス会員(Fanplus):ジャケット缶バッジ
    ※ 一部実施のない店舗がある場合もございます。あらかじめご了承ください。
    ※ 特典はなくなり次第終了となります。
    【初回プレス封入特典(シリアルナンバー応募)】
    ・プレゼントキャンペーン
    応募期間:9月22日0:00〜9月30日23:59
    Wake Me Up賞:音声入りめざまし時計
    されどBGM賞:7インチアナログ盤
    正偽賞:ASOVIVAマスクケース
    SENTIMENTAL SUMMER賞:カラビナ付きミニファン
    健司のワガママ賞:サイン入りWakeMeステッカー
    ・日本武道館公演チケット先行
    応募期間:10月1日12:00〜10月4日23:59

    EP「ASOVIVA」特設サイト:https://frederic-official.com/feature/ep_asoviva

    <ライブ情報>
    オンラインライブ
    FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」
    9月27日(日)開場18:30 開演19:00
    ■チケット情報
    チケット受付:
    Fan Stream ¥2,700 ※ファンクラブディスカウント価格
    https://tixplus.jp/feature/frederic_asovision/
    Streaming+ ¥3,200
    https://eplus.jp/frederic-st/
    LINE LIVE-VIEWING ¥3,200
    https://viewing.live.line.me/live/254

    FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜

    10月10日(土)北海道 Zepp Sapporo
    10月18日(日)宮城 仙台GIGS
    10月30日(金)神奈川 KT Zepp Yokohama
    10月31日(土)神奈川 KT Zepp Yokohama
    11月5日(木)大阪 Zepp Osaka Bayside
    11月6日(金)大阪 Zepp Osaka Bayside
    11月21日(土)福岡 Zepp Fukuoka
    11月25日(水)愛知 Zepp Nagoya
    11月26日(木)愛知 Zepp Nagoya
    ※チケット全公演SOLD OUT

    FREDERHYTHM ARENA 2021〜ぼくらのASOVIVA〜
    2月23日(火・祝)東京 日本武道館
    ■チケット情報
    ①フレハウス(ファンクラブ)先行 9/22(火)12:00 - 9/28(月)23:59
    ②EP「ASOVIVA購入者先行 10/1(木)12:00 - 10/4(日)23:59
    https://frederic-official.com/feature/arena2021_asoviva


    OFFICIAL HP:http://frederic-official.com/

    SINGLE

    ASOVIVA

  • news

    THE ORAL CIGARETTES 新作ブレインパンク・アクションRPG!『SCARLET NEXUS』 THE ORAL CIGARETTES とのタイアップ楽曲「Dream In Drive」とコラボしたスペシャルムービーを公開!9月27日(日)はTGS2020 ONLINE を要チェック!

    More

    新作アクションRPG「SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)」におきまして、タイアップ楽曲
    「Dream In Drive」とコラボしたスペシャルムービーを公開いたしました。

    さらに9月27日(日)は、現在開催中の「TGS2020 ONLINE」にて、本作のスペシャル生配信を実施いたします。豪華ゲストをお招きして、初公開のゲームプレイの映像なども交えながら、スタッフからのコメントやキャラクター、ストーリーなどについて紹介する内容となっております。是非併せてご確認ください。

    「Dream In Drive」Music Video
    https://www.youtube.com/watch?v=XJacT1aW-zg

    TGS2020 ONLINE にてSCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)スペシャル生放送実施!
    ▼ゲスト:声優・榎木淳弥さん(ユイト・スメラギ役)/ 声優・瀬戸麻沙美さん(カサネ・ランドール役)
    ▼日時:9月27日(日) 17:55~
    ▼視聴チャンネル:
    YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=79R0CuWUagQ
    Twitter:https://twitter.com/tokyo_game_show
    Twitch:https://www.twitch.tv/tokyogameshow1
    TikTok:https://www.tiktok.com/@tokyogameshow2020online
    ニコニコ動画:https://site.nicovideo.jp/tgs2020/

    ★SCARLET NEXUS (スカーレットネクサス) とは
    脳とテクノロジーを融合した技術により高度な文明を築いている、近未来の世界。
    一方で、発達した人の脳を求めるかのように現れる異形の存在「怪異」によって人々の生活は長年脅かされていた。
    怪異の脅威に対して、人類は脳の力を限界まで引き出し戦うことができる者たちを集め「怪異討伐軍」を結成し、
    人々の生活を護っていた。
    脳の力を引き出し超常的な力を操る能力者の一人として、仲間と共に世界を巡る戦いに挑むブレインパンク・アクションRPG

    製品公式サイト:https://SNX.bn-ent.net/
    公式Twitterアカウント:https://twitter.com/SNX_RS
    公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/SNX_RS

    ALBUM

    SUCK MY WORLD

  • release

    ひかりのなかに 6ヶ月連続配信リリース第4弾 「タイムマシン」10月14日リリース決定!

    More

    6ヶ月連続配信リリース第四弾「タイムマシン」が10月14日(水)リリースすることが決定いたしました!
    今回リリースされる「タイムマシン」は、今までリリースされた疾走感や青春を感じさせる楽曲とは違って、大人になるに連れて制限がかかったり、現実なことばかり考えてしまいそうになるけれど、自分の頭の中で膨らむ妄想ぐらいは、もっと夢を見てもいいじゃないか。という、楽しいことだけじゃない大人に向かって歩き出し始めている心情を歌う楽曲となっております。

    あわせて公開となったジャケットビジュアルは前作同様、吉本よしもんの書き下ろしのイラスト。
    楽曲をイメージした漫画のようなタッチになっており、6ヶ月シリーズ化されるビジュアルにもぜひご注目ください!

    ひかりのなかに公式ホームページ:https://www.hikarinonakani.com/


    <リリース情報>
    6ヶ月連続配信、第四弾
    Digital Single『タイムマシン』


    2020年10月14日(水)0:00〜 Release!!!

    ===
    6ヶ月連続配信、第三弾
    Digital Single『ムーンライト』

    https://a-sketch-inc.lnk.to/Hikarinonakani_moonlight
    2020年9月2日(水)0:00〜 Release!!!

    6ヶ月連続配信、第二弾
    Digital Single『夏休みのテーマ』

    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hikarinonakani_Natsuyasumi
    2020年8月12日(水)0:00〜 Release!!!

    6ヶ月連続配信、第一弾
    Digital Single『ブルーユース』

    2020年7月29日(水)0:00〜 Release!!!
    配信URL:https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hikarinonakani-Blue-Youth

    配信限定

    タイムマシン

  • news

    三浦春馬 2nd Single 「Night Diver」に関してのお知らせ

    More

    2020年8月26日(水)発売予定の三浦春馬の2nd Single「Night Diver」の発売に関して、
    応援してくださる皆さまより、たくさんのあたたかいお言葉をいただき、発売に関するご要望も多数いただきました。

    我々スタッフといたしましても、“表現者“三浦春馬が音楽というフィールドで新たな表現に立ち向かい、産まれた楽曲の魂を消さず、当初の予定通りに発売する事が一番大切な事であると判断いたしました。三浦春馬の作品を世に送り出すことで、彼の魂が皆様の心の中で輝き続けていけるよう願っております。

    なお、「Night Diver」の売上の一部に関しましては、三浦春馬が毎年取り組んでいたチャリティイベント「Act Against AIDS」にて支援を続けていた認定NPO法人「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」を通じて、ラオスのラオ・フレンズ小児病院に寄付させていただきます。

    <2nd Single 「Night Diver」発売スケジュール>
    ・2020年7月24日(金) 「Night Diver」各種サイトより単曲配信スタート
    ・2020年8月26日(水) 三浦春馬 2nd Single「Night Diver」初回盤、通常盤発売
    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Haruma-Miura-Night-Diver

    商品詳細等は、各種販売店、ECサイトをご確認ください。


    株式会社アミューズ/株式会社A-Sketch

  • news

    LAMP IN TERREN ニューアルバム「FRAGILE」より「EYE」先行配信スタート、 リリースを記念したtwitterシェアキャンペーンも開催!

    More

    10月14日にリリースするニューアルバム「FRAGILE」(読み:フラジール)より「EYE」先行配信され、合わせてtwitterシェアキャンペーンがスタートいたしました!

    「EYE」は誰しもが過去の自分も今の自分らしさも肯定してくれるようなメッセージと、壮大さを感じさせるコーラスワークが印象に残るミディアムチューンです。今回は「EYE」の先行配信を記念し、twitterシェアキャンペーンも合わせてスタートしました。

    約1年10ヶ月ぶりとなるニューアルバムのリリース、そして10月から始まる全国ツアーに向けて、続々発表されるLAMP IN TERRENの情報を見逃さずにチェックしてくださいね。

    <「EYE」先行配信中>
    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    LAMP IN TERREN「EYE」 Twitterシェアキャンペーン
    10/14リリースのアルバム「FRAGILE」より「EYE」の先行リリースを記念して「Twitterシェアキャンペーン」を実施いたします。
    「EYE」再生画面のスクリーンショットを添付の上、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けてツイー ト頂いた方の中から、抽選でFRAGILE オリジナルステッカーをプレゼントいたします。たくさん聴いて投稿してくださいね!

    【キャンペーン詳細】
    キャンペーン期間:
    2020/9/23(水)18:00 ~ 2020/10/13(火)23:59
    プレゼント内容:FRAGILE オリジナルステッカー10名様
    【参加方法】
    1) A-Sketch Twitterアカウント@ASketch_JPアカウントをフォロー
    2) LAMP IN TERREN「EYE」をご利用中の配信サービスで再生し、スクリーンショットを撮る
    配信サービス一覧→https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    <スクリーンショットサンプル画像>

    3) ご自身のTwitterアカウントで、再生画面のスクリーンショット画像を貼り付け、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けTwitterに投稿で応募完了

    ※ハッシュタグ「♯EYECP」を付けていない方は抽選の対象外となりますのでご注意ください。
    4) 抽選の上、ご当選者には10月30日頃までに、A-Sketch Twitterアカウントからダイレクトメッセージ(DM)にて当選連絡を致します。
    ※ご当選時にTwitterのアカウントを削除されている場合や、フォローを外されている場合は対象外となります。予めご了承ください。
    ※当選者の発表は、当選者のみにダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。
    ※このキャンペーンに関するお問い合わせは一切受け付けておりませんのでご了承下さい。

    【注意事項】
    ・Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイートを確認することができないため、応募対象外となります。アップするツイートは必ず公開設定にしてください。
    ・ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
    ・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
    ・当選連絡のダイレクトメッセージ記載の締切日までにご返信がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
    ・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
    ・トリミングや画像加工をして、公開されても問題のないスクリーンショットを投稿いただくようお願い致します。

    <「FRAGILE」初回盤DVDトレーラー映像>
    https://youtu.be/LQs-_k6G6AU

    <リリース情報>
    2020.10.14
    New Album ” FRAGILE”(読み:フラジール)

    初回盤【CD+DVD】 AZZS-111 / ¥4,500(tax out)
    通常盤【CD】 AZCS-1096 / ¥3,000(tax out)

    1. 宇宙船六畳間号
    2. Enchanté
    3. ワーカホリック
    4. EYE
    5. 風と船
    6. チョコレート
    7. ベランダ
    8. いつものこと
    9. ホワイトライクミー
    10. Fragile

    【初回盤DVD収録内容】
    “Live × Movie at Star lounge”(全10曲収録)
    1. メイ
    2. Water Lily
    3. いつものこと
    4. 緑閃光
    5. Is Everything All Right
    6. キャラバン
    7. 凡人ダグ
    8. Beautiful
    9. BABY STEP
    10. Enchanté

    <緑閃光 Live×Movie at Star Lounge>
    https://youtu.be/LjVo7v_I4Zk

    【CDショップ先着予約購入特典(店頭/オンライン)】
    ・タワーレコード:各メンバー描き下ろしアザージャケット(全4種類のうちランダム1種)
    ・一般CDショップ:オリジナルステッカー
    ※ 一部実施のない店舗がある場合もございます。あらかじめご了承ください。
    ※ 特典はなくなり次第終了となります。

    【タワーレコード予約購入者対象イベント】
    <LAMP IN TERREN「FRAGILE」発売記念 スペシャルオンラインライブ
    “TOWER REPORT”>
    【日時】2020年11月12日(木) 21:00スタート
    ▼イベント参加方法
    タワーレコード全店・タワーレコードオンラインにて、下記対象商品を10月31(土)までにご購入頂いた方に先着で、「シリアルNo.付応募券」をお渡しいたします。その応募券に記載された方法にて従ってご応募ください。
    ※対象商品のご予約はお電話とタワーレコードホームページの店舗予約サービスでも承っております。
    ※いずれのご応募の際にも“タワーレコードメンバーズ” (https://tower.jp/site/memsp)のご登録が必要となります。
    <応募券配布期間>
    2020年10月13日(火)~10月31日(土) 23時59分まで
    ※店舗は10月31日(土)閉店まで
    https://tower.jp/article/feature_item/2020/09/10/0704

    <ツアー情報>
    LAMP IN TERREN ワンマンツアー2020 『Progress Report』

    10月24日(土)千葉LOOK
    10月26日(月)東京・渋谷Star lounge
    10月29日(木)京都磔磔
    10月30日(金)香川・高松DIME
    11月1日(日)広島CAVE-BE
    11月2日(月)福岡DRUM Be-1
    11月3日(火・祝)長崎DRUM Be-7
    11月7日(土)宮城・仙台enn2nd
    11月14日(土)長野・松本ALECX
    11月15日(日)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
    11月22日(日)大阪BIGCAT
    11月23日(月・祝)静岡UMBER
    11月26日(木)東京・渋谷Star lounge
    11月28日(土)岩手・盛岡the five
    11月29日(日)福島・郡山PEAK ACTION
    12月5日(土)北海道・札幌BESSIE HALL
    12月6日(日)北海道・旭川CASINO DRIVE
    12月10日(木)岡山IMAGE
    12月11日(金)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
    12月13日(日)東京・LIQUIDROOM ebisu
    ※各会場OPEN/START時間はHPにてご確認ください

    チケット料金:全自由/前売¥3,900 (+1D)
    ※10月26日と11月26日の渋谷Star lounge公演は、定期公演ではなく、ワンマンツアーとして開催いたします。

    OFFICIAL HP: http://www.lampinterren.com/

    ALBUM

    FRAGILE

  • news

    LAMP IN TERREN 「EYE」 Twitterシェアキャンペーン

    More

    10/14リリースのアルバム「FRAGILE」より「EYE」の先行リリースを記念して「Twitterシェアキャンペーン」を実施いたします。
    「EYE」再生画面のスクリーンショットを添付の上、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けてツイー ト頂いた方の中から、抽選でFRAGILE オリジナルステッカーをプレゼントいたします。たくさん聴いて投稿してくださいね!

    【キャンペーン詳細】
    キャンペーン期間:
    2020/9/23(水)18:00 ~ 2020/10/13(火)23:59
    プレゼント内容:FRAGILE オリジナルステッカー10名様
    【参加方法】
    1) A-Sketch Twitterアカウント@ASketch_JPアカウントをフォロー
    2) LAMP IN TERREN「EYE」をご利用中の配信サービスで再生し、スクリーンショットを撮る
    配信サービス一覧→https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    <スクリーンショットサンプル画像>

    3) ご自身のTwitterアカウントで、再生画面のスクリーンショット画像を貼り付け、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けTwitterに投稿で応募完了

    ※ハッシュタグ「♯EYECP」を付けていない方は抽選の対象外となりますのでご注意ください。
    4) 抽選の上、ご当選者には10月30日頃までに、A-Sketch Twitterアカウントからダイレクトメッセージ(DM)にて当選連絡を致します。
    ※ご当選時にTwitterのアカウントを削除されている場合や、フォローを外されている場合は対象外となります。予めご了承ください。
    ※当選者の発表は、当選者のみにダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。
    ※このキャンペーンに関するお問い合わせは一切受け付けておりませんのでご了承下さい。

    【注意事項】
    ・Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイートを確認することができないため、応募対象外となります。アップするツイートは必ず公開設定にしてください。
    ・ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
    ・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
    ・当選連絡のダイレクトメッセージ記載の締切日までにご返信がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
    ・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
    ・トリミングや画像加工をして、公開されても問題のないスクリーンショットを投稿いただくようお願い致します。


    ALBUM

    FRAGILE

  • news

    フレデリック フレデリック「ASOVIVA」オフィシャルインタビュー

    More

    不屈の理想も喜怒哀楽も冒険心も「音楽そのものの楽しさと眩しさ」を通して響かせることで、無限のポップ感とロックの強度を描き出す唯一無二のバンド=フレデリック。今年2月24日に開催した自身二度目のアリーナワンマン=横浜アリーナ公演「FREDERHYTHM ARENA 2020〜終わらないMUSIC〜 at YOKOHAMA ARENA」も大成功のうちに終了、さらなる快進撃への期待感が熱く沸き返る――という状況は、折からの新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請によって一変。ライブやフェスなど音楽に限らずあらゆる大規模イベントが中止・延期を余儀なくされ、誰もが「その先」のビジョンを今なお手探りで模索している。

    しかし――フレデリックはその歩みを止めなかった。メンバーがスタジオに集まることすら叶わなかった春先から、三原健司・三原康司・赤頭隆児・高橋武の4人は個別の環境でリモート制作に突入、ついには4曲の新曲を収録した新作EP『ASOVIVA』を完成させるに至った。7月18日に配信されたアコースティックオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE『FABO!!〜Frederic Acoustic Band Online〜』」からのテイクも含め、この混沌とした時代の中でも、いやこの時代だからこそ、そのクリエイティビティと情熱の限りを尽くして「遊び場」を開拓し続けるフレデリックの姿は、それ自体が希望そのものとして映る。4人にじっくりと話を訊いた。

    (インタビュー:高橋智樹)



    ―― まずは、2020年の足取りを振り返っていきたいんですけども。フレデリックにとってもエポックメイキングな出来事だった2月24日の横浜アリーナワンマンから半年、あのライブに関して今改めて思うことは?

    三原健司(Vocal & Guitar): 横浜は武ちゃんの地元っていうのもあって、自分たちにとっても思い入れの深い場所でもあったし。でもその中で、メモリアルなものにし過ぎるのもよくないと思っていて。自分たちのバンドの中での軌跡を見せつつも、「まだこの先に道が続いていくんですよ」っていうテーマ性を見せたいなって思った時に――自分たちは音楽が好きで、音を鳴らしている瞬間っていうところに意味を感じてバンドをやってきた4人なんで。そこをもっとフォーカスする、音楽の中でちゃんと伝えていくものを見せたいなっていうのがあっての「終わらないMUSIC」っていうタイトルだったんで。そこからずっと半年間ずっとライブができないっていう、まさかの予期せぬ事態にはなってるんですけど……2月24日に「自分たちの音楽はこうであって、この音楽を通して自分たちは30歳、31歳、これからの人生を歩いていきますよ」っていうものを提示できたワンマンだったなって、自分では感じてますね。今のこの状況の中で、より意味を成したワンマンになったなっていうのは、日々過ごしていて感じます。

    三原康司(Bass & Chorus): 今となっては恋しい部分もあって。あれだけのお客さんを入れて、横浜アリーナっていう場所で音を響かせることって――そこに向けて1年かけて歩んできたバンドだし、健司の言う通り、チームとして音楽のいろんな歩みがあった中で、「そこにまた戻っていきたい」とか、いろんな恋しい部分を感じて。もっともっと、どんどんそれを大きく広げていくことに対して、次に向けて頑張っていこう、とも考えていたところやったんで。そう思うことって、ひとつの向上心でもあるのかなって思いながら過ごしてましたね。

    赤頭隆児(Guitar): バンドを始めてから毎週ライブがあったりする感じで、夏は週末はずっとフェス、っていう生活サイクルみたいなものがあって。それが当たり前みたいになっとったけど、なんかもう、なくなってみたら――「あれって良かったなあ」ってめっちゃ思って。最後に普通にできたライブが横アリだったんで、余計に「もう一回やりたいなあ」って思います。

    高橋武(Drums): 実際に映像を観たりして振り返る機会が多かった中で――普段、自分たちで作った音楽を、しばらく時間が経ってから聴き返して「違う聴こえ方がする」っていう経験って、どのアーティストでも誰でもあると思うんですけど。僕はその感覚を、横浜アリーナの1ヶ月後ぐらいに映像を観た時点でものすごく感じていて。状況が変わったっていうことももちろんあるんですけど、自分たちの音楽の聴こえ方が変わってきたのはすごく新鮮だなと思っていて。そういう自分の中の変化が『ASOVIVA』だったり、これからさらに活動していく上での糧になっている感じがすごくしたんですね。でもそれって、僕たちだけの話でもないと思っていて。SNSでも「フレデリックの横アリが実際に行った最後のライブ」って書いてる方も結構いたりして。狙った形とは違うと思うんですけど、僕たちと、ライブに来てくれた人と、来れなかったけど映像作品を観てくれた人と、気持ちを共有できてるなっていう感覚があって。普段の「ライブで気持ちを共有する」っていうのとは別軸の共有の仕方があったなと思うんですよね。そういう心境の変化って、音にもつながってくると思うんで。

    ―― あの横アリの後、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛で生活は一変しました。ステージに立つことを日常としていたバンドやアーティストにとっては本当に、生活どころか価値観そのものが変わるくらいの激変を迫られる状況だと思うんですけども、そういう環境下で不安や虚脱感を覚えることはありましたか?

    康司: ただ、そうなった時に――いろんなことを悩んだりすることもあると思うんですけど、やっぱり「できることって絶対あるな」と思って。それですぐさま制作に手をつけられたのが『ASOVIVA』だったんで。そうなった瞬間に、「じゃあ、自分たちの自宅に機材を揃えて、今までのレコーディング形式を変えて、何かを作り出そう、始めよう」って思えたんで。やるべきことは決まってたんで。僕らが日常の中で、ライブハウスだったりフェスだったりで音楽を鳴らすように、また音楽を作って、そこに前向きに希望を持って、「次に何を出そうか」っていうことにまっすぐ向き合えてる自粛期間だったと思います。

    ―― ちなみにみなさん、外出自粛期間はどういうふうに過ごしてました?

    康司: 僕は、ずっと走ってました(笑)。3ヶ月間ずっと走っていて、1ヶ月100kmペースで。昔、陸上部の経験もあったんで。やっぱりバンドって体力勝負な部分もあるし、すぐに自分たちが動き出せるように、何かやっとかなきゃなって。自分を掻き立てる部分もあって――っていうか、ただテンション上がるから走ってた部分もあるんですけど(笑)。

    健司: 康司と同じように運動もしつつ、今まで忙しくてやれなかったことに手を出そうと思って――パソコンを買い替えたりとか、録音機材を買ったりとか。それこそボーカルブースを買って、家で練習したりとか。あと、動画の編集みたいなところも勉強してみたりもしましたね。みんなが外に出れない中で、自分たちができることって、音楽を作るだけじゃなくて、動画での発信も大事だなと思っていたので。

    赤頭: バンドのインタビューで言うほどのことでもないんですけど(笑)、映画をいっぱい観てましたね。1日に2本とか3本とか観てたんで。俺、感動したいんですよね、映画で。だから、あんまり今までコメディとか観てなかったんですけど、コメディも観てみて――「コメディって、そんなに笑いを取ろうとした映画ばっかりじゃないな」と思って。感動を狙ったり、バトルがあったりするわけじゃないけど、なんかグッとくる終わり方をするものが多いなって。『ラストベガス』が良かったですね。あと、コメディじゃないけど『マイ・インターン』も良かった。どっちも同じ人(ロバート・デ・ニーロ)が出てるんですけど。

    高橋: 外出自粛期間になって最初に考えたのは、リモートで制作が始まるとしたら、たぶん一番悩むのって「ドラムのレコーディングをどうするか」だなって。生音かそうじゃないかで、一番変化が大きい楽器なので。だからもう、ひたすら電子ドラムのことを調べてましたね。来るべき時にちゃんと準備ができてるようにしたかったんで。「じゃあ制作しよう」ってなる前に買ってました(笑)。

    ―― 実際、今回の『ASOVIVA』の新曲はリモート制作でレコーディングされたそうですね。リモート環境で制作が始まったのはいつ頃のことでした?

    健司: 4月ぐらいかな? 春にはもう「スタジオに入れたらいいけど、もしかしたらリモート制作になるかもね」っていうことも頭に入れて準備してましたね。

    赤頭: 絶対家で録るかまだわからへんけど、最初に機材買ったんやもん(笑)。デモ用に一応、家にも持ってたのは持ってたんですけど、「そのままCDとか配信の音源になるんやったらちゃんとしたの買おう」と思って、新しく揃えました。

    康司: メンバー同士、バンドでのやり方を常に話し合ってきたので。ライブで演奏する時、お互いに見なくても「ここはこう合わせるんだろうな」みたいな――言わなくてもわかってくれる感じが、リモートのやり取りの中でもあったので。だからこそ意欲的に「新しいものに挑戦しよう」って踏み込めたところはありますね。

    高橋: でも、バンドが始まってすぐとか、俺が加入してすぐとかだったら、こんなに上手くは行ってないと思うし。お互いが考えてることをわかった上で、今までの経験があったからできたことだと思いますね。


    ■『ASOVIVA』全曲解説インタビュー


    ―― 今回の作品を「ASOVIVA(遊び場)」と名付けたのは?

    健司: 僕はフレデリックっていうバンドの魅力というか「好きだな」と思うところって、ひとつの言葉でいろんな可能性を作れることやなと思って。それこそ「フレデリズム」とか「TOGENKYO」とか――「TOGENKYO」っていう言葉だけでひとつの世界観を作れるし、そこから発信するものがどういうものでも、自分たちの面白い世界の中に留めることができる。可能性が広がる言葉が多いなと思って。そういうところを考えた時に……自分たちも30代、バンドで言えばこの9月でメジャーデビュー6周年っていうところで、新人と言える立ち位置ではないけど、まだまだワクワクさせるバンドでいたいなって思うし。自分はその「広い言葉」っていうところに魅力を感じているからこそ、今のフレデリックがどういうものを提示したら面白くなるんだろう?って考えた時に、「遊び」っていう言葉が出てきましたね。これはフレデリックの楽曲の中にもある言葉だと思ってるんで。その中で、もっと広い言葉っていうところで「遊び場」っていう。来年2月には日本武道館ワンマンも決まっているし、武道館っていうところを「遊び場」にしたら面白いんじゃないかなって。

    ■01.Wake Me Up 

    ―― 特に“Wake Me Up”“されどBGM”は、「フレデリックのダンスミュージック再解釈&再定義」的な意味合いを強く持っている楽曲で。生ドラムの鳴り感とかに象徴される「バンドサウンドっぽさ」ではないところで、フレデリックというバンドのアイデンティティが“Wake Me Up”には結実している気がするんですが。

    康司: 今回「遊び」っていうテーマがある中で、自分たちがいわゆる「日本人が惹かれる音楽性」とか「ロックバンドのあるべき姿」とかそういうものじゃなくて、サウンド感としても新しいものを、っていうことに対して自分はすごく考えましたね。「バンドであること=4人だけで鳴らす音」っていうイメージじゃなくて、ずっと僕らは音をかぶせたりとか、いろんな音の中で情景とかを表現してきたバンドなので。だからこそ、その中での可能性を自分たちで見出していくことこそ、俺はミュージシャンらしいなとすごく思ったので。同じことをするより、今までを糧にして、サウンドにしろメッセージにしろ、これから新しく見出していくことが大事だなって。この曲の歌詞を書く時も、「生まれ変わる」っていうワードを想像しながら書いていたし。そういう意味でも新しいサウンド感だったり、こういう再構築されたダンスミュージックになっていったんだなって思います。レトロフューチャーというか、昔ながらの歌謡曲チックなところから、またちょっと洗練されて、結構洋楽チックなサウンド感になっていて。キックの大きい感じとか、ミックスの方向性とかも、洋楽のダンスミュージックに近い軸があると思いますね。

    ―― 途中で拍が変わったり、かなりアクロバティックなリズムですけど、楽しんで叩いてる感ありますね。

    高橋: おっ、それが伝わってるなら嬉しいですね。制作の順番で言ったら、この曲の前に“されどBGM”を録ってるんですけど。その時に実感したのは――音色だけじゃなくて、ドラムを叩くタイミングで「その人らしいノリ」ってめっちゃ出るなって。なので、“Wake Me Up”ではリズムの捉え方を変えてみようと思って。レコーディングの時って普通はクリックを1拍ずつ、1小節に4回聴くんですけど、俺はほとんど小節のアタマしか聴いてないんですよ。で、ここの拍は突っ込む、ここの拍は大きく取る、って作っていて。普通に聴いたらめっちゃ気持ちいいと思うんですけど、クリック鳴らしながら聴くとやばいですよ(笑)。

    ■02.されどBGM 

    ―― この曲がリモート制作の最初の曲ということですけども。サビの印象的なフレーズをシンセのフレーズに任せるっていう、どちらかといえばEDMとかハウスとかのマナーを感じさせる曲でもありますね。

    康司: アクセントとなるものがずっと曲中で鳴り続けてる心地好さって、洋楽の中でも結構あって。日本で言えば「サビメロが戻ってくる」みたいな感じなんですけど。やっぱりループミュージックっていう言葉を何度も何度も使ってきてるバンドではあるんですけど、そういう基軸みたいなものに沿って、アイコンっぽくなるフレーズがあった方がいいなと思っていて。そこから生まれたものですね。

    ―― 《たかがBGM されどBGM》っていうフレーズには、拳を掲げない闘争宣言というか、ものすごくポップな形で「でも何かに抗う意志は持ってるよ」っていうことを表明するような熱量がありますよね。

    康司: 僕ら自身は「されど」で音楽を考えるわけですけど。この自粛期間の中で、僕らだけじゃなくていろんなミュージシャンだったり、音楽を愛してくれてる人たちが、音楽っていう存在に対して向き合う中で――「本当にこれって必要なものなのか?」って。それは音楽だけじゃなくて、いろんなことに対して考えたと思うんですよ。でもやっぱり、僕らは音楽を生業にしている以上、音楽に対する奇跡というか、たくさんのお客さんが一緒に音楽を楽しんでいるっていう光景を見てきた中で、自分はそれを不必要やとはどうしても思えなくて。そこから生まれてきて、バンドがずっと続いてきているので。たとえ不必要なものやと思われたとしても、それを必要と思う気持ちだったりとか、それに対して希望を見出せる想像力って、人間にとって一番必要なものなんじゃないかなってすごく思うんです。音楽を聴いて、何かしら力が湧いてくるとか、未知の感情になることって、すごく不思議で、かつ希望に満ちたことであって。そういったメッセージをミュージシャンとして、音楽を通してやっていくことが大事なんじゃないかなと思って。祈りに近い、みたいなところはありますけど……そういった楽曲を、俺らがやっぱり出すべきなんじゃないかなって思ったんですよね。

    赤頭: 今までも音楽がテーマの曲っていっぱいあって、「康司くんが音楽に対してどう思っとるか」みたいなものって、メンバーだけじゃなくてお客さんにも伝わっとると思うんで。でもそういう、音楽を歌った曲の中で、今までで一番「これを聴いて」っていう気持ちが強い印象を、僕はデモの段階で受けて。これが一番届けばいいなって思います。

    ■03.正偽 

    ―― 一転して“正偽”では、ファンキーなビートの中で康司さんのシニカルサイドが炸裂していて。キレキレのサビで《黙れ フィーリング 印 埋葬》ですからね。

    康司: (笑)。サウンド感にフレデリックの多幸感が出てる中で、感じること、疑問視していることに対してメッセージを詰め込んでいくことって、今までもやってきてるんですけど……この曲が一番出てる気がします(笑)。いろいろ生活が変わってきた中で、お互いの正義とか、互いに自分が信じるものがあって。それって誰が正解とかじゃなくて、討論し合っていく中でみんなで盛り上がっていってる状況で。今って話題性とか「面白ければオッケー」みたいなことって結構あると思っていて。それって楽しめる一歩でもあるけど、悪用にも繋がるし、そのためにやる人たちもいるし。それって俺、本当に好きじゃないなってずっと思ってて。そういう人たちって、何かを信じようっていう時に聖書を開くわけじゃなくて、検索するんですよ。そこで自分が正しいと思うものを見つけるっていう。それって結局、「誰かが集めた統計」の一番正しいものなんですよね。そうじゃなくて、ミュージシャンとか人と接する仕事をしてる人たちって、自分たちで体感したものを信じて生きてると思っていて。目の前で起こったことを体感して、それを信じて生きている自分自身こそが、俺にとっての真実だってずっと思っていて。簡単に出てくる正義感を疑うことって、めっちゃ大事だなって。窮地に立った時とか、大変な時とかに、そういう部分がすごく表に出てきたりして。「これは音楽にすべきじゃないかな」って――結局これも、俺のエゴでしかないし、俺の正義でしかないし、誰かにとっては間違いだとは思うんですけど、こういう形で音楽を届けることが、自分のやれることやなって。

    健司: 歌詞の中では皮肉っぽいマシン感が出てる部分もあると思うんですけど、それを自分の声で落とし込むと、もうちょっと聴きやすくなるなと思って。自分の声って良い意味で「どういう言葉でも軽く聴こえる」、聴きやすいところに落ち着くところが良いと思っていて。フレデリックの歌詞って、結構シニカルな表現って多いと思うんですけど、自分の声が中和して面白い方向に連れて行ってるなと思いますね。

    高橋: この曲では「ビートを2ステップっぽくしたらいいんじゃないか」っていう話になって、1時間半くらいこの曲のデモを流しっ放しにしながらずーっと電子ドラムを叩いて、そこから切り取ってビートを組んだんです。自分でブレイクビーツを作ろうって。

    赤頭: でも、「2ステップの参考に」ってみんなが聴かせてくれた曲が、ことごとくギターが入ってない曲で。そうなった時に、もう遊ぶしかなくて(笑)。「何やっても正解なんちゃうかな」って。Aメロは機械的な感じでわざとコンプ強くかけて、サビのカッティングはちょっとだけルーズに――人間っぽい「強弱が出てしまっとる感じ」にしました。

    ■04.SENTIMENTAL SUMMER 

    ―― “SENTIMENTAL SUMMER”は、1曲の中にふたつの異なる景色があって。エレクトロっぽいパートと、サビのバンドサウンドのパートが寄せては返すような展開の楽曲になってますよね。

    康司: “SENTIMENTAL SUMMER”は、夏フェスのことだったり、それに近い部分で言えば甲子園だったりとか……全然違うと思うんですけど、ありがたいことに僕らはフェス常連バンドとして、今までいろんなフェスに出演させていただいて、直接何万人っていう人との出会いがあったりして。その中で音を鳴らしたり、自分たちのメッセージを届ける場があって。それが変わってきた中で――たとえば甲子園でも、高校生が一生懸命そこを目指していくわけで。フェスを目指すことも「大きいステージに向けて」っていうのも、自分たちの中でひとつ青春のストーリーとしてあって。それがこういう状況でなくなってしまった時に、「その夏に対して歌いたい曲」を俺はここで作っておくべきじゃないかなって思ったんですよね。

    健司: “砂利道”とか“トライアングルサマー”とか、フレデリックで康司が表現する「夏」って、俺の中では風景が見える曲が多いなと思って。“SENTIMENTAL SUMMER”はじりじりするような温度をすごく感じる曲だなと思ったので。Aメロのひんやりしたスッとした歌い方とか、サビのエモーショナルな感じとか、そういう温度感は意識しましたね。こういうAメロの歌い方って、フレデリックの楽曲の中で使ってなかった要素なんですよね。ちょっとミックスボイス寄りみたいな。この自粛期間中に習得したようなところもあって。こっちで歌った方が、歌詞の聴き取りやすさとか、1オクターブ下で歌ってる自分の低音とかを際立たせることができるので。

    高橋: 前半のハーフテンポのところは差別化したかったんで、TR-808を使ってますね。808を生ドラムに重ねることはあったんですけど、808単体で使うことは今までなかったんで、それも新しい試みだったなって。

    ■05.リリリピート(FAB!!) / 06. ふしだらフラミンゴ(FAB!!)※Live at FABO!! 2020 

    ―― この“リリリピート”と“ふしだらフラミンゴ”の2曲は、7月18日に配信されたアコースティックオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE『FABO!!〜Frederic Acoustic Band Online〜』」からのライブテイクです。実際に「FABO!!」をやってみた感触はどうでしたか?

    健司: 「新しい可能性を発見できたな」っていうのは思いました。ライブハウスとか野外フェスとかでやった時の感動って、オンラインライブでは絶対に味わえないと思うし、代わりには絶対にならないと思うんですよ。ただ、逆に考えると、オンラインライブでしか得られないものって絶対にあると思っていて。スピーカーとかイヤホンで聴いたり、アーカイブがあれば朝聴くこともできるし、「自分で楽しみ方を選べる」っていうのがオンラインライブの良さのひとつだと思うんで。そうやって聴いた時に、「こういうアレンジしてたんだ」とか「本当はこういうメロディを歌ってたんだ」っていうことを感じてもらいやすいのがアコースティックライブなのかな、っていうことでやってみたんですけど。「フレデリックってこういうこともできるんだ」って自分でも感じましたし、こういうアコースティック編成でもっとやりたいなって感じてますね。フレデリックがオンラインライブをもっと開拓していくアーティストになれるんだろうなって。

    康司: 健司が歌う声がすごく響く場がアコースティックで。言わばオンラインって、コロナの状況になる前からあったものではあるんですけど、その中で「ミュージシャンだからこそできる提案」っていっぱいあるなと思って。オンラインはオンラインで、新しい楽しみ方だなって思うし。お客さんがいない状態で、「こういうふうに観てくれてるのかなあ」「パソコンかiPhoneで観てるのかなあ」って想像しながらやるんで(笑)。そういうことを想像しながらやるのも、距離を近づけようっていう気持ちの寄せ方ひとつなんかなあと思ったりするんで。

    赤頭: 思ったよりライブやったなあって。「ライブっぽくないんかなあ」って思ってたんですけど、終わった時の感じが、ライブ終わった時とめっちゃ似とって。もちろん、画面の向こう側を想像もしたんですけど――あの日は4人向き合ってやってたんで、「4人でやっとる感じ」もあって。何より、楽しんでできたのが一番よかったなあって。それが伝わればいいなというか。

    高橋: もう楽しかった!って――語彙力なくなるくらい「楽しかった」が先に出ちゃうのが正直な気持ちで(笑)。アコースティックって、それぞれの音がより繊細に見えるじゃないですか。フレデリックって、メンバー同士の音での会話がすごく多いんで。それは制作においてもそうだし、ライブでもそうなんで。その音の会話っていうのが、あの日のオンラインライブでもものすごくメンバー間であったし、それが観てる人にも伝わりやすかったんだろうなって思いますね。

    ―― 9月27日にはオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」」、10月からはライブハウスツアー「FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜」もスタート、来年2月23日には日本武道館ワンマンライブも予定されています。

    健司: 「2020年ってこういう年だったよね」っていう印象って、たぶんみんな同じじゃないですか。だからこそ、この大変な年にフレデリックは何をしていたのか?ってすごく大事だし、その中で何を大切にしてきたかっていうことが、ライブでより鮮明にわかってくることだと思っていて。でも、フレデリックにとって一番大切にしてきたことって、今までと変わることなく「音楽で遊ぶこと」だし、それはこれからも大切にしていくことだと思っているので。それを受け取る人にメッセージを伝えるとしたら――「楽しみに待っててくれ」っていう、シンプルな言葉に尽きますね。

    SINGLE

    ASOVIVA

  • news

    フレデリック 祝リリース!フレデリック、EP「ASOVIVA」バーチャル背景&待受画像フリーダウンロード

    More

    EP「ASOVIVA」のリリースを記念して、バーチャル背景や待受画像、そしてSNS用ASOVIVAアイコンを準備しました!
    フリーダウンロードなので皆さんパソコンやスマホをASOVIVA仕様にしてくださいね。
    方法:URLをクリックして表示された画像を保存してそれぞれ設定してください。

    【SNS用アイコン画像】

    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/S__54239271.jpg

    【バーチャル背景】

    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/2c775924f8fa88f546455c72c7fb60e2.jpg

    【デスクトップ/待受画像】
    ◎ASOVIVA1


    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/90ab90f7a77d047cf4e880df8db25aa4.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/2d0ce97e2aa6b6900a8369c6aeed352d-1.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/48dc741663e28405e617e0f68da83115.jpg

    ◎ASOVIVA2

    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/7dd17b3eb8890956097ab96c329b31df.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/9041afc06902d50664d8bc9ad3921edf.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/6ee9003275beb98536c681e7ffd87a75.jpg

    ◎ASOVIVA3

    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/dab1f60a05633525f7a9a636b7071e3c.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/1c5dc3e68bcdb0e5145742924bc71da3.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/352b5fc417a8b41fe3c119b7864a0a44.jpg

    SINGLE

    ASOVIVA

  • release

    アボガド6 Twitterフォロワー数160万人超えの人気クリエイター“アボガド6” 最新漫画作品集「アメデオ旅行記 上」を11月2日に発売!

    More

    アボガド6が2020年11月2日に、最新の漫画作品集『アメデオ旅行記 上』をKADOKAWAより出版します。

    アボガド6はネットを中心にイラスト/マンガ/映像など様々な分野で活動するクリエイターで、SNS上での創作活動が大きな話題を呼び、Twitterフォロワーは160万人を超える支持を集めております。その影響力は国内に留まらず、欧米やアジア圏のファンからも熱い注目を受けています。

    アボガド6はこれまで漫画単行本3作品、画集3作品を発表してきており、国内累計発行部数は20万部を突破し、中国版や台湾版も出版しています。

    今回発売する『アメデオ旅行記 上』は、著者初となる上下巻構成による刊行。ネット上で発表済の「静寂の国」ほか、大部分を描き下ろした大ボリュームの新作作品集です。様々な種族、様々なルールが支配する国を巡り、旅人たちは果たしてどこへ向かい、何を発見するのか。アボガド6が描き出す令和のガリヴァー旅行記から目が離せません!発売までお楽しみに!


    【作品情報】
    アボガド6
    『アメデオ旅行記 上』

    発売:2020年11月2日
    価格:1,000円+税
    ISBN:9784046049353


    ・アボガド6 プロフィール
    アボガド6はネットを中心にイラスト/マンガ/映像など様々な分野で活動するクリエイター。SNS上での創作活動が大きな話題を呼び、Twitterフォロワーは160万人を超える支持を集めている。その影響力は国内に留まらず、欧米やアジア圏のファンからも熱い注目を受けている。
    アボガド6はこれまでマンガ単行本3作品、画集3作品を発表してきており、国内累計発行部数は20万部を突破し、海外版も出版している。また、NHK「みんなのうた」のアニメーションを担当するなど、映像分野でも活躍している。

    アボガド6 OFFICIAL HP
    https://www.avogado6.com

  • news

    LAMP IN TERREN、Saucy Dog、パノラマパナマタウンら出演 今年のMashroomは次世代を担う5組による競演!! MASH A&R presents「Mashroom 2021」 初の東京・大阪2公演開催決定!

    More

    THE ORAL CIGARETTES、フレデリックらが所属しているマネージメント事務所MASH A&R。これまで過去に6回、所属アーティストによるイベント「MASHROOM」を開催してきましたが、2021年1月に「Mashroom 2021 〜Hello new wind〜」と題して、1月5日(火)恵比寿LIQUIDROOM、1月23日(土)大阪BIGCATと、第7回目にして初の東阪2会場で開催されます。今回はMASH A&Rの次世代を担うLAMP IN TERREN、パノラマパナマタウン、Saucy Dog、YAJICO GIRL、ユレニワの5組が出演する。追ってオープニングアクトの発表もあるとのことですので、今後の発表もお見逃しなく。

    また、本日よりロンT付きチケットの最速先行がスタートしております。LAMP IN TERREN 松本大(Vo/Gt)がデザインを手掛け、サイズも選べるとのことです。公演前に配送されますので、ぜひこの機会にお申し込みください。

    【開催概要】
    「Mashroom 2021 〜Hello new wind〜」


    出演:LAMP IN TERREN/パノラマパナマタウン/Saucy Dog/YAJICO GIRL/ユレニワ/ OPENING ACT(後日発表)
    チケット代:全自由(ロンT付き・サイズS/M/L/XL)¥6,500(税込/別途送料/+1drink)
    全自由(チケットのみ)¥3,500(税込/+1drink)※後日受付

    <東京公演>
    2021年1月5日(火)東京ebisu LIQUIDROOM
    開場16:00 / 開演17:00(予定)

    <大阪公演>
    2021年1月23日(土)大阪BIGCAT
    開場16:00 / 開演17:00(予定)

    <ロンT付きチケット最速先行>
    受付期間:9月28日(月)18:00〜10月7日(水)23:59
    受付URL:https://eplus.jp/mashroomhp/

    MASHROOM HP
    https://mash-ar.com/mashroom/

  • news

    フレデリック 中毒性溢れる新曲「Wake Me Up」が TBS系「CDTVサタデー」10月度OPテーマ決定!

    More

    22日にEP「ASOVIVA」をリリースしたフレデリック。そのEPに収録する「Wake Me Up」がTBS系「CDTVサタデー」10月度オープニングテーマに決定しました。

    今週リリースされた最新EPに収録の「Wake Me Up」は軽快なダンスロックチューン。現在公開されているミュージックビデオはダンサーとクリーチャーの個性的な動きとメンバー演奏シーンがループする、中毒性溢れる映像となっております。公開直後から日本だけでなく海外からも数多くのコメントが寄せられており、国境を越えて様々な反応が起こっています。

    また、フレデリックは、明日27日(日)にフルバンドでのオンラインライブ『FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」』を開催。加えて、10月10日Zepp Sapporoから「FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜」がスタートします。

    さらに2021年2月には初の日本武道館公演が決定していますが、10月1日よりEP購入者を対象にチケット先行も行われるので、この機会にCDを手にしてくださいね。

    <番組情報>
    TBS系「CDTVサタデー」(毎週土曜深夜0:58)

    https://www.tbs.co.jp/cdtv/
    ※地域によって放送時間が異なる場合がございます。
     詳しくはお住いの地域の番組ガイドなどをご覧ください

    <Wake Me Upミュージックビデオ>
    https://youtu.be/F_whVm9LYiE

    <リリース情報>
    2020.9.22 New EP「ASOVIVA」

    初回盤【CD+DVD】 AZZS-110 / ¥2,400(tax out)

    通常盤【CD】 AZCS-1095 / ¥1,300(tax out)

    各音楽配信サイトにてダウンロード/ストリーミングサービス配信中
    https://a-sketch-inc.lnk.to/frederic_ASOVIVA
    【CD】
    1.Wake Me Up
    2.されどBGM
    3.正偽
    4.SENTIMENTAL SUMMER
    5.リリリピート (FAB!!) Live at FABO!! 2020
    6.ふしだらフラミンゴ (FAB!!) Live at FABO!! 2020

    7.終わらないMUSIC (FAB!!) Live at FABO!! 2020 ※初回盤のみ収録

    【初回盤DVD】
    FREDERHYTHM ONLINE「FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~」(2020.07.18)
    1.ナイトステップ
    2.リリリピート
    3.VISION
    4.もう帰る汽船
    5.ふしだらフラミンゴ
    6.オドループ
    7.終わらないMUSIC
    8.かなしいうれしい
    9.スキライズム

    「FREDERHYTHM ONLINE「FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~」トレーラー
    https://youtu.be/_jpjf68icEE
    フレデリック「かなしいうれしい」Live at FABO!!~Frederic Acoustic Band Online~
    https://youtu.be/zMlKI1K0D1U

    【CDショップ先着予約購入特典(店頭/オンライン)】
    ・店舗特典
    タワーレコード:A4オリジナルクリアファイル
    その他CDショップ:B3オリジナルポスターカレンダー
    フレハウス会員(Fanplus):ジャケット缶バッジ
    ※ 一部実施のない店舗がある場合もございます。あらかじめご了承ください。
    ※ 特典はなくなり次第終了となります。
    【初回プレス封入特典(シリアルナンバー応募)】
    ・プレゼントキャンペーン
    応募期間:9月22日0:00〜9月30日23:59
    Wake Me Up賞:音声入りめざまし時計
    されどBGM賞:7インチアナログ盤
    正偽賞:ASOVIVAマスクケース
    SENTIMENTAL SUMMER賞:カラビナ付きミニファン
    健司のワガママ賞:サイン入りWakeMeステッカー
    ・日本武道館公演チケット先行
    応募期間:10月1日12:00〜10月4日23:59

    EP「ASOVIVA」特設サイト:https://frederic-official.com/feature/ep_asoviva

    <ライブ情報>
    オンラインライブ
    FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」
    9月27日(日)開場18:30 開演19:00
    ■チケット情報
    チケット受付:
    Fan Stream ¥2,700 ※ファンクラブディスカウント価格
    https://tixplus.jp/feature/frederic_asovision/
    Streaming+ ¥3,200
    https://eplus.jp/frederic-st/
    LINE LIVE-VIEWING ¥3,200
    https://viewing.live.line.me/live/254

    FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜

    10月10日(土)北海道 Zepp Sapporo
    10月18日(日)宮城 仙台GIGS
    10月30日(金)神奈川 KT Zepp Yokohama
    10月31日(土)神奈川 KT Zepp Yokohama
    11月5日(木)大阪 Zepp Osaka Bayside
    11月6日(金)大阪 Zepp Osaka Bayside
    11月21日(土)福岡 Zepp Fukuoka
    11月25日(水)愛知 Zepp Nagoya
    11月26日(木)愛知 Zepp Nagoya
    ※チケット全公演SOLD OUT

    FREDERHYTHM ARENA 2021〜ぼくらのASOVIVA〜
    2月23日(火・祝)東京 日本武道館
    ■チケット情報
    ①フレハウス(ファンクラブ)先行 9/22(火)12:00 - 9/28(月)23:59
    ②EP「ASOVIVA購入者先行 10/1(木)12:00 - 10/4(日)23:59
    https://frederic-official.com/feature/arena2021_asoviva


    OFFICIAL HP:http://frederic-official.com/

    SINGLE

    ASOVIVA

  • news

    THE ORAL CIGARETTES 新作ブレインパンク・アクションRPG!『SCARLET NEXUS』 THE ORAL CIGARETTES とのタイアップ楽曲「Dream In Drive」とコラボしたスペシャルムービーを公開!9月27日(日)はTGS2020 ONLINE を要チェック!

    More

    新作アクションRPG「SCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)」におきまして、タイアップ楽曲
    「Dream In Drive」とコラボしたスペシャルムービーを公開いたしました。

    さらに9月27日(日)は、現在開催中の「TGS2020 ONLINE」にて、本作のスペシャル生配信を実施いたします。豪華ゲストをお招きして、初公開のゲームプレイの映像なども交えながら、スタッフからのコメントやキャラクター、ストーリーなどについて紹介する内容となっております。是非併せてご確認ください。

    「Dream In Drive」Music Video
    https://www.youtube.com/watch?v=XJacT1aW-zg

    TGS2020 ONLINE にてSCARLET NEXUS(スカーレットネクサス)スペシャル生放送実施!
    ▼ゲスト:声優・榎木淳弥さん(ユイト・スメラギ役)/ 声優・瀬戸麻沙美さん(カサネ・ランドール役)
    ▼日時:9月27日(日) 17:55~
    ▼視聴チャンネル:
    YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=79R0CuWUagQ
    Twitter:https://twitter.com/tokyo_game_show
    Twitch:https://www.twitch.tv/tokyogameshow1
    TikTok:https://www.tiktok.com/@tokyogameshow2020online
    ニコニコ動画:https://site.nicovideo.jp/tgs2020/

    ★SCARLET NEXUS (スカーレットネクサス) とは
    脳とテクノロジーを融合した技術により高度な文明を築いている、近未来の世界。
    一方で、発達した人の脳を求めるかのように現れる異形の存在「怪異」によって人々の生活は長年脅かされていた。
    怪異の脅威に対して、人類は脳の力を限界まで引き出し戦うことができる者たちを集め「怪異討伐軍」を結成し、
    人々の生活を護っていた。
    脳の力を引き出し超常的な力を操る能力者の一人として、仲間と共に世界を巡る戦いに挑むブレインパンク・アクションRPG

    製品公式サイト:https://SNX.bn-ent.net/
    公式Twitterアカウント:https://twitter.com/SNX_RS
    公式Instagramアカウント:https://www.instagram.com/SNX_RS

    ALBUM

    SUCK MY WORLD

  • news

    三浦春馬 2nd Single 「Night Diver」に関してのお知らせ

    More

    2020年8月26日(水)発売予定の三浦春馬の2nd Single「Night Diver」の発売に関して、
    応援してくださる皆さまより、たくさんのあたたかいお言葉をいただき、発売に関するご要望も多数いただきました。

    我々スタッフといたしましても、“表現者“三浦春馬が音楽というフィールドで新たな表現に立ち向かい、産まれた楽曲の魂を消さず、当初の予定通りに発売する事が一番大切な事であると判断いたしました。三浦春馬の作品を世に送り出すことで、彼の魂が皆様の心の中で輝き続けていけるよう願っております。

    なお、「Night Diver」の売上の一部に関しましては、三浦春馬が毎年取り組んでいたチャリティイベント「Act Against AIDS」にて支援を続けていた認定NPO法人「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」を通じて、ラオスのラオ・フレンズ小児病院に寄付させていただきます。

    <2nd Single 「Night Diver」発売スケジュール>
    ・2020年7月24日(金) 「Night Diver」各種サイトより単曲配信スタート
    ・2020年8月26日(水) 三浦春馬 2nd Single「Night Diver」初回盤、通常盤発売
    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Haruma-Miura-Night-Diver

    商品詳細等は、各種販売店、ECサイトをご確認ください。


    株式会社アミューズ/株式会社A-Sketch

  • news

    LAMP IN TERREN ニューアルバム「FRAGILE」より「EYE」先行配信スタート、 リリースを記念したtwitterシェアキャンペーンも開催!

    More

    10月14日にリリースするニューアルバム「FRAGILE」(読み:フラジール)より「EYE」先行配信され、合わせてtwitterシェアキャンペーンがスタートいたしました!

    「EYE」は誰しもが過去の自分も今の自分らしさも肯定してくれるようなメッセージと、壮大さを感じさせるコーラスワークが印象に残るミディアムチューンです。今回は「EYE」の先行配信を記念し、twitterシェアキャンペーンも合わせてスタートしました。

    約1年10ヶ月ぶりとなるニューアルバムのリリース、そして10月から始まる全国ツアーに向けて、続々発表されるLAMP IN TERRENの情報を見逃さずにチェックしてくださいね。

    <「EYE」先行配信中>
    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    LAMP IN TERREN「EYE」 Twitterシェアキャンペーン
    10/14リリースのアルバム「FRAGILE」より「EYE」の先行リリースを記念して「Twitterシェアキャンペーン」を実施いたします。
    「EYE」再生画面のスクリーンショットを添付の上、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けてツイー ト頂いた方の中から、抽選でFRAGILE オリジナルステッカーをプレゼントいたします。たくさん聴いて投稿してくださいね!

    【キャンペーン詳細】
    キャンペーン期間:
    2020/9/23(水)18:00 ~ 2020/10/13(火)23:59
    プレゼント内容:FRAGILE オリジナルステッカー10名様
    【参加方法】
    1) A-Sketch Twitterアカウント@ASketch_JPアカウントをフォロー
    2) LAMP IN TERREN「EYE」をご利用中の配信サービスで再生し、スクリーンショットを撮る
    配信サービス一覧→https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    <スクリーンショットサンプル画像>

    3) ご自身のTwitterアカウントで、再生画面のスクリーンショット画像を貼り付け、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けTwitterに投稿で応募完了

    ※ハッシュタグ「♯EYECP」を付けていない方は抽選の対象外となりますのでご注意ください。
    4) 抽選の上、ご当選者には10月30日頃までに、A-Sketch Twitterアカウントからダイレクトメッセージ(DM)にて当選連絡を致します。
    ※ご当選時にTwitterのアカウントを削除されている場合や、フォローを外されている場合は対象外となります。予めご了承ください。
    ※当選者の発表は、当選者のみにダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。
    ※このキャンペーンに関するお問い合わせは一切受け付けておりませんのでご了承下さい。

    【注意事項】
    ・Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイートを確認することができないため、応募対象外となります。アップするツイートは必ず公開設定にしてください。
    ・ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
    ・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
    ・当選連絡のダイレクトメッセージ記載の締切日までにご返信がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
    ・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
    ・トリミングや画像加工をして、公開されても問題のないスクリーンショットを投稿いただくようお願い致します。

    <「FRAGILE」初回盤DVDトレーラー映像>
    https://youtu.be/LQs-_k6G6AU

    <リリース情報>
    2020.10.14
    New Album ” FRAGILE”(読み:フラジール)

    初回盤【CD+DVD】 AZZS-111 / ¥4,500(tax out)
    通常盤【CD】 AZCS-1096 / ¥3,000(tax out)

    1. 宇宙船六畳間号
    2. Enchanté
    3. ワーカホリック
    4. EYE
    5. 風と船
    6. チョコレート
    7. ベランダ
    8. いつものこと
    9. ホワイトライクミー
    10. Fragile

    【初回盤DVD収録内容】
    “Live × Movie at Star lounge”(全10曲収録)
    1. メイ
    2. Water Lily
    3. いつものこと
    4. 緑閃光
    5. Is Everything All Right
    6. キャラバン
    7. 凡人ダグ
    8. Beautiful
    9. BABY STEP
    10. Enchanté

    <緑閃光 Live×Movie at Star Lounge>
    https://youtu.be/LjVo7v_I4Zk

    【CDショップ先着予約購入特典(店頭/オンライン)】
    ・タワーレコード:各メンバー描き下ろしアザージャケット(全4種類のうちランダム1種)
    ・一般CDショップ:オリジナルステッカー
    ※ 一部実施のない店舗がある場合もございます。あらかじめご了承ください。
    ※ 特典はなくなり次第終了となります。

    【タワーレコード予約購入者対象イベント】
    <LAMP IN TERREN「FRAGILE」発売記念 スペシャルオンラインライブ
    “TOWER REPORT”>
    【日時】2020年11月12日(木) 21:00スタート
    ▼イベント参加方法
    タワーレコード全店・タワーレコードオンラインにて、下記対象商品を10月31(土)までにご購入頂いた方に先着で、「シリアルNo.付応募券」をお渡しいたします。その応募券に記載された方法にて従ってご応募ください。
    ※対象商品のご予約はお電話とタワーレコードホームページの店舗予約サービスでも承っております。
    ※いずれのご応募の際にも“タワーレコードメンバーズ” (https://tower.jp/site/memsp)のご登録が必要となります。
    <応募券配布期間>
    2020年10月13日(火)~10月31日(土) 23時59分まで
    ※店舗は10月31日(土)閉店まで
    https://tower.jp/article/feature_item/2020/09/10/0704

    <ツアー情報>
    LAMP IN TERREN ワンマンツアー2020 『Progress Report』

    10月24日(土)千葉LOOK
    10月26日(月)東京・渋谷Star lounge
    10月29日(木)京都磔磔
    10月30日(金)香川・高松DIME
    11月1日(日)広島CAVE-BE
    11月2日(月)福岡DRUM Be-1
    11月3日(火・祝)長崎DRUM Be-7
    11月7日(土)宮城・仙台enn2nd
    11月14日(土)長野・松本ALECX
    11月15日(日)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
    11月22日(日)大阪BIGCAT
    11月23日(月・祝)静岡UMBER
    11月26日(木)東京・渋谷Star lounge
    11月28日(土)岩手・盛岡the five
    11月29日(日)福島・郡山PEAK ACTION
    12月5日(土)北海道・札幌BESSIE HALL
    12月6日(日)北海道・旭川CASINO DRIVE
    12月10日(木)岡山IMAGE
    12月11日(金)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
    12月13日(日)東京・LIQUIDROOM ebisu
    ※各会場OPEN/START時間はHPにてご確認ください

    チケット料金:全自由/前売¥3,900 (+1D)
    ※10月26日と11月26日の渋谷Star lounge公演は、定期公演ではなく、ワンマンツアーとして開催いたします。

    OFFICIAL HP: http://www.lampinterren.com/

    ALBUM

    FRAGILE

  • news

    LAMP IN TERREN 「EYE」 Twitterシェアキャンペーン

    More

    10/14リリースのアルバム「FRAGILE」より「EYE」の先行リリースを記念して「Twitterシェアキャンペーン」を実施いたします。
    「EYE」再生画面のスクリーンショットを添付の上、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けてツイー ト頂いた方の中から、抽選でFRAGILE オリジナルステッカーをプレゼントいたします。たくさん聴いて投稿してくださいね!

    【キャンペーン詳細】
    キャンペーン期間:
    2020/9/23(水)18:00 ~ 2020/10/13(火)23:59
    プレゼント内容:FRAGILE オリジナルステッカー10名様
    【参加方法】
    1) A-Sketch Twitterアカウント@ASketch_JPアカウントをフォロー
    2) LAMP IN TERREN「EYE」をご利用中の配信サービスで再生し、スクリーンショットを撮る
    配信サービス一覧→https://A-Sketch-Inc.lnk.to/LAMP_IN_TERREN_FRAGILE

    <スクリーンショットサンプル画像>

    3) ご自身のTwitterアカウントで、再生画面のスクリーンショット画像を貼り付け、ハッシュタグ「♯EYECP」を付けTwitterに投稿で応募完了

    ※ハッシュタグ「♯EYECP」を付けていない方は抽選の対象外となりますのでご注意ください。
    4) 抽選の上、ご当選者には10月30日頃までに、A-Sketch Twitterアカウントからダイレクトメッセージ(DM)にて当選連絡を致します。
    ※ご当選時にTwitterのアカウントを削除されている場合や、フォローを外されている場合は対象外となります。予めご了承ください。
    ※当選者の発表は、当選者のみにダイレクトメッセージの当選連絡をもって代えさせていただきます。
    ※このキャンペーンに関するお問い合わせは一切受け付けておりませんのでご了承下さい。

    【注意事項】
    ・Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイートを確認することができないため、応募対象外となります。アップするツイートは必ず公開設定にしてください。
    ・ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、当選連絡をすることができないため、応募対象外となります。
    ・ご応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
    ・当選連絡のダイレクトメッセージ記載の締切日までにご返信がない場合、当選を無効とさせていただきますので、予めご了承ください。
    ・ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
    ・トリミングや画像加工をして、公開されても問題のないスクリーンショットを投稿いただくようお願い致します。


    ALBUM

    FRAGILE

  • news

    フレデリック フレデリック「ASOVIVA」オフィシャルインタビュー

    More

    不屈の理想も喜怒哀楽も冒険心も「音楽そのものの楽しさと眩しさ」を通して響かせることで、無限のポップ感とロックの強度を描き出す唯一無二のバンド=フレデリック。今年2月24日に開催した自身二度目のアリーナワンマン=横浜アリーナ公演「FREDERHYTHM ARENA 2020〜終わらないMUSIC〜 at YOKOHAMA ARENA」も大成功のうちに終了、さらなる快進撃への期待感が熱く沸き返る――という状況は、折からの新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛要請によって一変。ライブやフェスなど音楽に限らずあらゆる大規模イベントが中止・延期を余儀なくされ、誰もが「その先」のビジョンを今なお手探りで模索している。

    しかし――フレデリックはその歩みを止めなかった。メンバーがスタジオに集まることすら叶わなかった春先から、三原健司・三原康司・赤頭隆児・高橋武の4人は個別の環境でリモート制作に突入、ついには4曲の新曲を収録した新作EP『ASOVIVA』を完成させるに至った。7月18日に配信されたアコースティックオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE『FABO!!〜Frederic Acoustic Band Online〜』」からのテイクも含め、この混沌とした時代の中でも、いやこの時代だからこそ、そのクリエイティビティと情熱の限りを尽くして「遊び場」を開拓し続けるフレデリックの姿は、それ自体が希望そのものとして映る。4人にじっくりと話を訊いた。

    (インタビュー:高橋智樹)



    ―― まずは、2020年の足取りを振り返っていきたいんですけども。フレデリックにとってもエポックメイキングな出来事だった2月24日の横浜アリーナワンマンから半年、あのライブに関して今改めて思うことは?

    三原健司(Vocal & Guitar): 横浜は武ちゃんの地元っていうのもあって、自分たちにとっても思い入れの深い場所でもあったし。でもその中で、メモリアルなものにし過ぎるのもよくないと思っていて。自分たちのバンドの中での軌跡を見せつつも、「まだこの先に道が続いていくんですよ」っていうテーマ性を見せたいなって思った時に――自分たちは音楽が好きで、音を鳴らしている瞬間っていうところに意味を感じてバンドをやってきた4人なんで。そこをもっとフォーカスする、音楽の中でちゃんと伝えていくものを見せたいなっていうのがあっての「終わらないMUSIC」っていうタイトルだったんで。そこからずっと半年間ずっとライブができないっていう、まさかの予期せぬ事態にはなってるんですけど……2月24日に「自分たちの音楽はこうであって、この音楽を通して自分たちは30歳、31歳、これからの人生を歩いていきますよ」っていうものを提示できたワンマンだったなって、自分では感じてますね。今のこの状況の中で、より意味を成したワンマンになったなっていうのは、日々過ごしていて感じます。

    三原康司(Bass & Chorus): 今となっては恋しい部分もあって。あれだけのお客さんを入れて、横浜アリーナっていう場所で音を響かせることって――そこに向けて1年かけて歩んできたバンドだし、健司の言う通り、チームとして音楽のいろんな歩みがあった中で、「そこにまた戻っていきたい」とか、いろんな恋しい部分を感じて。もっともっと、どんどんそれを大きく広げていくことに対して、次に向けて頑張っていこう、とも考えていたところやったんで。そう思うことって、ひとつの向上心でもあるのかなって思いながら過ごしてましたね。

    赤頭隆児(Guitar): バンドを始めてから毎週ライブがあったりする感じで、夏は週末はずっとフェス、っていう生活サイクルみたいなものがあって。それが当たり前みたいになっとったけど、なんかもう、なくなってみたら――「あれって良かったなあ」ってめっちゃ思って。最後に普通にできたライブが横アリだったんで、余計に「もう一回やりたいなあ」って思います。

    高橋武(Drums): 実際に映像を観たりして振り返る機会が多かった中で――普段、自分たちで作った音楽を、しばらく時間が経ってから聴き返して「違う聴こえ方がする」っていう経験って、どのアーティストでも誰でもあると思うんですけど。僕はその感覚を、横浜アリーナの1ヶ月後ぐらいに映像を観た時点でものすごく感じていて。状況が変わったっていうことももちろんあるんですけど、自分たちの音楽の聴こえ方が変わってきたのはすごく新鮮だなと思っていて。そういう自分の中の変化が『ASOVIVA』だったり、これからさらに活動していく上での糧になっている感じがすごくしたんですね。でもそれって、僕たちだけの話でもないと思っていて。SNSでも「フレデリックの横アリが実際に行った最後のライブ」って書いてる方も結構いたりして。狙った形とは違うと思うんですけど、僕たちと、ライブに来てくれた人と、来れなかったけど映像作品を観てくれた人と、気持ちを共有できてるなっていう感覚があって。普段の「ライブで気持ちを共有する」っていうのとは別軸の共有の仕方があったなと思うんですよね。そういう心境の変化って、音にもつながってくると思うんで。

    ―― あの横アリの後、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛で生活は一変しました。ステージに立つことを日常としていたバンドやアーティストにとっては本当に、生活どころか価値観そのものが変わるくらいの激変を迫られる状況だと思うんですけども、そういう環境下で不安や虚脱感を覚えることはありましたか?

    康司: ただ、そうなった時に――いろんなことを悩んだりすることもあると思うんですけど、やっぱり「できることって絶対あるな」と思って。それですぐさま制作に手をつけられたのが『ASOVIVA』だったんで。そうなった瞬間に、「じゃあ、自分たちの自宅に機材を揃えて、今までのレコーディング形式を変えて、何かを作り出そう、始めよう」って思えたんで。やるべきことは決まってたんで。僕らが日常の中で、ライブハウスだったりフェスだったりで音楽を鳴らすように、また音楽を作って、そこに前向きに希望を持って、「次に何を出そうか」っていうことにまっすぐ向き合えてる自粛期間だったと思います。

    ―― ちなみにみなさん、外出自粛期間はどういうふうに過ごしてました?

    康司: 僕は、ずっと走ってました(笑)。3ヶ月間ずっと走っていて、1ヶ月100kmペースで。昔、陸上部の経験もあったんで。やっぱりバンドって体力勝負な部分もあるし、すぐに自分たちが動き出せるように、何かやっとかなきゃなって。自分を掻き立てる部分もあって――っていうか、ただテンション上がるから走ってた部分もあるんですけど(笑)。

    健司: 康司と同じように運動もしつつ、今まで忙しくてやれなかったことに手を出そうと思って――パソコンを買い替えたりとか、録音機材を買ったりとか。それこそボーカルブースを買って、家で練習したりとか。あと、動画の編集みたいなところも勉強してみたりもしましたね。みんなが外に出れない中で、自分たちができることって、音楽を作るだけじゃなくて、動画での発信も大事だなと思っていたので。

    赤頭: バンドのインタビューで言うほどのことでもないんですけど(笑)、映画をいっぱい観てましたね。1日に2本とか3本とか観てたんで。俺、感動したいんですよね、映画で。だから、あんまり今までコメディとか観てなかったんですけど、コメディも観てみて――「コメディって、そんなに笑いを取ろうとした映画ばっかりじゃないな」と思って。感動を狙ったり、バトルがあったりするわけじゃないけど、なんかグッとくる終わり方をするものが多いなって。『ラストベガス』が良かったですね。あと、コメディじゃないけど『マイ・インターン』も良かった。どっちも同じ人(ロバート・デ・ニーロ)が出てるんですけど。

    高橋: 外出自粛期間になって最初に考えたのは、リモートで制作が始まるとしたら、たぶん一番悩むのって「ドラムのレコーディングをどうするか」だなって。生音かそうじゃないかで、一番変化が大きい楽器なので。だからもう、ひたすら電子ドラムのことを調べてましたね。来るべき時にちゃんと準備ができてるようにしたかったんで。「じゃあ制作しよう」ってなる前に買ってました(笑)。

    ―― 実際、今回の『ASOVIVA』の新曲はリモート制作でレコーディングされたそうですね。リモート環境で制作が始まったのはいつ頃のことでした?

    健司: 4月ぐらいかな? 春にはもう「スタジオに入れたらいいけど、もしかしたらリモート制作になるかもね」っていうことも頭に入れて準備してましたね。

    赤頭: 絶対家で録るかまだわからへんけど、最初に機材買ったんやもん(笑)。デモ用に一応、家にも持ってたのは持ってたんですけど、「そのままCDとか配信の音源になるんやったらちゃんとしたの買おう」と思って、新しく揃えました。

    康司: メンバー同士、バンドでのやり方を常に話し合ってきたので。ライブで演奏する時、お互いに見なくても「ここはこう合わせるんだろうな」みたいな――言わなくてもわかってくれる感じが、リモートのやり取りの中でもあったので。だからこそ意欲的に「新しいものに挑戦しよう」って踏み込めたところはありますね。

    高橋: でも、バンドが始まってすぐとか、俺が加入してすぐとかだったら、こんなに上手くは行ってないと思うし。お互いが考えてることをわかった上で、今までの経験があったからできたことだと思いますね。


    ■『ASOVIVA』全曲解説インタビュー


    ―― 今回の作品を「ASOVIVA(遊び場)」と名付けたのは?

    健司: 僕はフレデリックっていうバンドの魅力というか「好きだな」と思うところって、ひとつの言葉でいろんな可能性を作れることやなと思って。それこそ「フレデリズム」とか「TOGENKYO」とか――「TOGENKYO」っていう言葉だけでひとつの世界観を作れるし、そこから発信するものがどういうものでも、自分たちの面白い世界の中に留めることができる。可能性が広がる言葉が多いなと思って。そういうところを考えた時に……自分たちも30代、バンドで言えばこの9月でメジャーデビュー6周年っていうところで、新人と言える立ち位置ではないけど、まだまだワクワクさせるバンドでいたいなって思うし。自分はその「広い言葉」っていうところに魅力を感じているからこそ、今のフレデリックがどういうものを提示したら面白くなるんだろう?って考えた時に、「遊び」っていう言葉が出てきましたね。これはフレデリックの楽曲の中にもある言葉だと思ってるんで。その中で、もっと広い言葉っていうところで「遊び場」っていう。来年2月には日本武道館ワンマンも決まっているし、武道館っていうところを「遊び場」にしたら面白いんじゃないかなって。

    ■01.Wake Me Up 

    ―― 特に“Wake Me Up”“されどBGM”は、「フレデリックのダンスミュージック再解釈&再定義」的な意味合いを強く持っている楽曲で。生ドラムの鳴り感とかに象徴される「バンドサウンドっぽさ」ではないところで、フレデリックというバンドのアイデンティティが“Wake Me Up”には結実している気がするんですが。

    康司: 今回「遊び」っていうテーマがある中で、自分たちがいわゆる「日本人が惹かれる音楽性」とか「ロックバンドのあるべき姿」とかそういうものじゃなくて、サウンド感としても新しいものを、っていうことに対して自分はすごく考えましたね。「バンドであること=4人だけで鳴らす音」っていうイメージじゃなくて、ずっと僕らは音をかぶせたりとか、いろんな音の中で情景とかを表現してきたバンドなので。だからこそ、その中での可能性を自分たちで見出していくことこそ、俺はミュージシャンらしいなとすごく思ったので。同じことをするより、今までを糧にして、サウンドにしろメッセージにしろ、これから新しく見出していくことが大事だなって。この曲の歌詞を書く時も、「生まれ変わる」っていうワードを想像しながら書いていたし。そういう意味でも新しいサウンド感だったり、こういう再構築されたダンスミュージックになっていったんだなって思います。レトロフューチャーというか、昔ながらの歌謡曲チックなところから、またちょっと洗練されて、結構洋楽チックなサウンド感になっていて。キックの大きい感じとか、ミックスの方向性とかも、洋楽のダンスミュージックに近い軸があると思いますね。

    ―― 途中で拍が変わったり、かなりアクロバティックなリズムですけど、楽しんで叩いてる感ありますね。

    高橋: おっ、それが伝わってるなら嬉しいですね。制作の順番で言ったら、この曲の前に“されどBGM”を録ってるんですけど。その時に実感したのは――音色だけじゃなくて、ドラムを叩くタイミングで「その人らしいノリ」ってめっちゃ出るなって。なので、“Wake Me Up”ではリズムの捉え方を変えてみようと思って。レコーディングの時って普通はクリックを1拍ずつ、1小節に4回聴くんですけど、俺はほとんど小節のアタマしか聴いてないんですよ。で、ここの拍は突っ込む、ここの拍は大きく取る、って作っていて。普通に聴いたらめっちゃ気持ちいいと思うんですけど、クリック鳴らしながら聴くとやばいですよ(笑)。

    ■02.されどBGM 

    ―― この曲がリモート制作の最初の曲ということですけども。サビの印象的なフレーズをシンセのフレーズに任せるっていう、どちらかといえばEDMとかハウスとかのマナーを感じさせる曲でもありますね。

    康司: アクセントとなるものがずっと曲中で鳴り続けてる心地好さって、洋楽の中でも結構あって。日本で言えば「サビメロが戻ってくる」みたいな感じなんですけど。やっぱりループミュージックっていう言葉を何度も何度も使ってきてるバンドではあるんですけど、そういう基軸みたいなものに沿って、アイコンっぽくなるフレーズがあった方がいいなと思っていて。そこから生まれたものですね。

    ―― 《たかがBGM されどBGM》っていうフレーズには、拳を掲げない闘争宣言というか、ものすごくポップな形で「でも何かに抗う意志は持ってるよ」っていうことを表明するような熱量がありますよね。

    康司: 僕ら自身は「されど」で音楽を考えるわけですけど。この自粛期間の中で、僕らだけじゃなくていろんなミュージシャンだったり、音楽を愛してくれてる人たちが、音楽っていう存在に対して向き合う中で――「本当にこれって必要なものなのか?」って。それは音楽だけじゃなくて、いろんなことに対して考えたと思うんですよ。でもやっぱり、僕らは音楽を生業にしている以上、音楽に対する奇跡というか、たくさんのお客さんが一緒に音楽を楽しんでいるっていう光景を見てきた中で、自分はそれを不必要やとはどうしても思えなくて。そこから生まれてきて、バンドがずっと続いてきているので。たとえ不必要なものやと思われたとしても、それを必要と思う気持ちだったりとか、それに対して希望を見出せる想像力って、人間にとって一番必要なものなんじゃないかなってすごく思うんです。音楽を聴いて、何かしら力が湧いてくるとか、未知の感情になることって、すごく不思議で、かつ希望に満ちたことであって。そういったメッセージをミュージシャンとして、音楽を通してやっていくことが大事なんじゃないかなと思って。祈りに近い、みたいなところはありますけど……そういった楽曲を、俺らがやっぱり出すべきなんじゃないかなって思ったんですよね。

    赤頭: 今までも音楽がテーマの曲っていっぱいあって、「康司くんが音楽に対してどう思っとるか」みたいなものって、メンバーだけじゃなくてお客さんにも伝わっとると思うんで。でもそういう、音楽を歌った曲の中で、今までで一番「これを聴いて」っていう気持ちが強い印象を、僕はデモの段階で受けて。これが一番届けばいいなって思います。

    ■03.正偽 

    ―― 一転して“正偽”では、ファンキーなビートの中で康司さんのシニカルサイドが炸裂していて。キレキレのサビで《黙れ フィーリング 印 埋葬》ですからね。

    康司: (笑)。サウンド感にフレデリックの多幸感が出てる中で、感じること、疑問視していることに対してメッセージを詰め込んでいくことって、今までもやってきてるんですけど……この曲が一番出てる気がします(笑)。いろいろ生活が変わってきた中で、お互いの正義とか、互いに自分が信じるものがあって。それって誰が正解とかじゃなくて、討論し合っていく中でみんなで盛り上がっていってる状況で。今って話題性とか「面白ければオッケー」みたいなことって結構あると思っていて。それって楽しめる一歩でもあるけど、悪用にも繋がるし、そのためにやる人たちもいるし。それって俺、本当に好きじゃないなってずっと思ってて。そういう人たちって、何かを信じようっていう時に聖書を開くわけじゃなくて、検索するんですよ。そこで自分が正しいと思うものを見つけるっていう。それって結局、「誰かが集めた統計」の一番正しいものなんですよね。そうじゃなくて、ミュージシャンとか人と接する仕事をしてる人たちって、自分たちで体感したものを信じて生きてると思っていて。目の前で起こったことを体感して、それを信じて生きている自分自身こそが、俺にとっての真実だってずっと思っていて。簡単に出てくる正義感を疑うことって、めっちゃ大事だなって。窮地に立った時とか、大変な時とかに、そういう部分がすごく表に出てきたりして。「これは音楽にすべきじゃないかな」って――結局これも、俺のエゴでしかないし、俺の正義でしかないし、誰かにとっては間違いだとは思うんですけど、こういう形で音楽を届けることが、自分のやれることやなって。

    健司: 歌詞の中では皮肉っぽいマシン感が出てる部分もあると思うんですけど、それを自分の声で落とし込むと、もうちょっと聴きやすくなるなと思って。自分の声って良い意味で「どういう言葉でも軽く聴こえる」、聴きやすいところに落ち着くところが良いと思っていて。フレデリックの歌詞って、結構シニカルな表現って多いと思うんですけど、自分の声が中和して面白い方向に連れて行ってるなと思いますね。

    高橋: この曲では「ビートを2ステップっぽくしたらいいんじゃないか」っていう話になって、1時間半くらいこの曲のデモを流しっ放しにしながらずーっと電子ドラムを叩いて、そこから切り取ってビートを組んだんです。自分でブレイクビーツを作ろうって。

    赤頭: でも、「2ステップの参考に」ってみんなが聴かせてくれた曲が、ことごとくギターが入ってない曲で。そうなった時に、もう遊ぶしかなくて(笑)。「何やっても正解なんちゃうかな」って。Aメロは機械的な感じでわざとコンプ強くかけて、サビのカッティングはちょっとだけルーズに――人間っぽい「強弱が出てしまっとる感じ」にしました。

    ■04.SENTIMENTAL SUMMER 

    ―― “SENTIMENTAL SUMMER”は、1曲の中にふたつの異なる景色があって。エレクトロっぽいパートと、サビのバンドサウンドのパートが寄せては返すような展開の楽曲になってますよね。

    康司: “SENTIMENTAL SUMMER”は、夏フェスのことだったり、それに近い部分で言えば甲子園だったりとか……全然違うと思うんですけど、ありがたいことに僕らはフェス常連バンドとして、今までいろんなフェスに出演させていただいて、直接何万人っていう人との出会いがあったりして。その中で音を鳴らしたり、自分たちのメッセージを届ける場があって。それが変わってきた中で――たとえば甲子園でも、高校生が一生懸命そこを目指していくわけで。フェスを目指すことも「大きいステージに向けて」っていうのも、自分たちの中でひとつ青春のストーリーとしてあって。それがこういう状況でなくなってしまった時に、「その夏に対して歌いたい曲」を俺はここで作っておくべきじゃないかなって思ったんですよね。

    健司: “砂利道”とか“トライアングルサマー”とか、フレデリックで康司が表現する「夏」って、俺の中では風景が見える曲が多いなと思って。“SENTIMENTAL SUMMER”はじりじりするような温度をすごく感じる曲だなと思ったので。Aメロのひんやりしたスッとした歌い方とか、サビのエモーショナルな感じとか、そういう温度感は意識しましたね。こういうAメロの歌い方って、フレデリックの楽曲の中で使ってなかった要素なんですよね。ちょっとミックスボイス寄りみたいな。この自粛期間中に習得したようなところもあって。こっちで歌った方が、歌詞の聴き取りやすさとか、1オクターブ下で歌ってる自分の低音とかを際立たせることができるので。

    高橋: 前半のハーフテンポのところは差別化したかったんで、TR-808を使ってますね。808を生ドラムに重ねることはあったんですけど、808単体で使うことは今までなかったんで、それも新しい試みだったなって。

    ■05.リリリピート(FAB!!) / 06. ふしだらフラミンゴ(FAB!!)※Live at FABO!! 2020 

    ―― この“リリリピート”と“ふしだらフラミンゴ”の2曲は、7月18日に配信されたアコースティックオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE『FABO!!〜Frederic Acoustic Band Online〜』」からのライブテイクです。実際に「FABO!!」をやってみた感触はどうでしたか?

    健司: 「新しい可能性を発見できたな」っていうのは思いました。ライブハウスとか野外フェスとかでやった時の感動って、オンラインライブでは絶対に味わえないと思うし、代わりには絶対にならないと思うんですよ。ただ、逆に考えると、オンラインライブでしか得られないものって絶対にあると思っていて。スピーカーとかイヤホンで聴いたり、アーカイブがあれば朝聴くこともできるし、「自分で楽しみ方を選べる」っていうのがオンラインライブの良さのひとつだと思うんで。そうやって聴いた時に、「こういうアレンジしてたんだ」とか「本当はこういうメロディを歌ってたんだ」っていうことを感じてもらいやすいのがアコースティックライブなのかな、っていうことでやってみたんですけど。「フレデリックってこういうこともできるんだ」って自分でも感じましたし、こういうアコースティック編成でもっとやりたいなって感じてますね。フレデリックがオンラインライブをもっと開拓していくアーティストになれるんだろうなって。

    康司: 健司が歌う声がすごく響く場がアコースティックで。言わばオンラインって、コロナの状況になる前からあったものではあるんですけど、その中で「ミュージシャンだからこそできる提案」っていっぱいあるなと思って。オンラインはオンラインで、新しい楽しみ方だなって思うし。お客さんがいない状態で、「こういうふうに観てくれてるのかなあ」「パソコンかiPhoneで観てるのかなあ」って想像しながらやるんで(笑)。そういうことを想像しながらやるのも、距離を近づけようっていう気持ちの寄せ方ひとつなんかなあと思ったりするんで。

    赤頭: 思ったよりライブやったなあって。「ライブっぽくないんかなあ」って思ってたんですけど、終わった時の感じが、ライブ終わった時とめっちゃ似とって。もちろん、画面の向こう側を想像もしたんですけど――あの日は4人向き合ってやってたんで、「4人でやっとる感じ」もあって。何より、楽しんでできたのが一番よかったなあって。それが伝わればいいなというか。

    高橋: もう楽しかった!って――語彙力なくなるくらい「楽しかった」が先に出ちゃうのが正直な気持ちで(笑)。アコースティックって、それぞれの音がより繊細に見えるじゃないですか。フレデリックって、メンバー同士の音での会話がすごく多いんで。それは制作においてもそうだし、ライブでもそうなんで。その音の会話っていうのが、あの日のオンラインライブでもものすごくメンバー間であったし、それが観てる人にも伝わりやすかったんだろうなって思いますね。

    ―― 9月27日にはオンラインライブ「FREDERHYTHM ONLINE「ASOVISION〜FRDC × INT〜」」、10月からはライブハウスツアー「FREDERHYTHM TOUR 2020〜たかがMUSIC されどMUSIC〜」もスタート、来年2月23日には日本武道館ワンマンライブも予定されています。

    健司: 「2020年ってこういう年だったよね」っていう印象って、たぶんみんな同じじゃないですか。だからこそ、この大変な年にフレデリックは何をしていたのか?ってすごく大事だし、その中で何を大切にしてきたかっていうことが、ライブでより鮮明にわかってくることだと思っていて。でも、フレデリックにとって一番大切にしてきたことって、今までと変わることなく「音楽で遊ぶこと」だし、それはこれからも大切にしていくことだと思っているので。それを受け取る人にメッセージを伝えるとしたら――「楽しみに待っててくれ」っていう、シンプルな言葉に尽きますね。

    SINGLE

    ASOVIVA

  • news

    フレデリック 祝リリース!フレデリック、EP「ASOVIVA」バーチャル背景&待受画像フリーダウンロード

    More

    EP「ASOVIVA」のリリースを記念して、バーチャル背景や待受画像、そしてSNS用ASOVIVAアイコンを準備しました!
    フリーダウンロードなので皆さんパソコンやスマホをASOVIVA仕様にしてくださいね。
    方法:URLをクリックして表示された画像を保存してそれぞれ設定してください。

    【SNS用アイコン画像】

    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/S__54239271.jpg

    【バーチャル背景】

    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/2c775924f8fa88f546455c72c7fb60e2.jpg

    【デスクトップ/待受画像】
    ◎ASOVIVA1


    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/90ab90f7a77d047cf4e880df8db25aa4.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/2d0ce97e2aa6b6900a8369c6aeed352d-1.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/48dc741663e28405e617e0f68da83115.jpg

    ◎ASOVIVA2

    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/7dd17b3eb8890956097ab96c329b31df.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/9041afc06902d50664d8bc9ad3921edf.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/6ee9003275beb98536c681e7ffd87a75.jpg

    ◎ASOVIVA3

    ◾︎PC
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/dab1f60a05633525f7a9a636b7071e3c.jpg

    ◾︎iPhone
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/1c5dc3e68bcdb0e5145742924bc71da3.jpg

    ◾︎Android
    URL:https://www.a-sketch.com/wp-content/uploads/2020/09/352b5fc417a8b41fe3c119b7864a0a44.jpg

    SINGLE

    ASOVIVA

  • news

    Hi Cheers! 本日1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」リリース!! 新曲「(not) just for show」のミュージックビデオ公開!!

    More

    Hi Cheers!(読み:ハイチーズ)の新曲「(not)just for show」のミュージックビデオが、明日9月19日22:30にYouTube公式チャンネルで公開されることが決定いたしました!

    「(not)just for show」は、本日リリースとなった1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」収録曲です。MVの監督は加藤秀仁氏。サングラスとシックな衣装を纏ったシュールな佇まいのメンバーと情熱的なキスシーンの対比が印象的な作品です。ポップ且つシュールな世界観が表現され、今までの作品とはまた一味違う仕上がりになっております。

    なおMV公開の直前21:00からは、EPリリースを記念した生配信番組内で、「(not) just for show 」のミュージックビデオが一足先に公開されます。。スペースシャワーTVの公式LINEアカウント及び、Hi Cheers!オフィシャルYouTubeチャンネルを是非チェックしてくださいね。


    〈番組情報〉
    Hi Cheers!「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」発売記念SP


    9月19日(土) 21:00〜

    <スペースシャワーTV公式LINE LIVE>
    https://live.line.me/channels/52/upcoming/14845245

    <Hi Cheers! オフィシャルYouTubeチャンネル>
    https://youtu.be/Cd9nxdrdkH4


    ■■リリース情報:
    タイトル:「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」


    https://a-sketch-inc.lnk.to/Hi_Cheers_sodasui

    配信日:2020/9/18(金)0:00
    発売日:2020/9/18(金)
    金額:¥1,500(税抜)
    品番:AZNT-53
    リリース形態:CD・配信
    ※CDはアスマート、タワーレコード店舗限定(※お買い上げの際は、在庫の有無に関して各タワーレコード店舗にお問い合わせください。)

    アスマート商品ぺージ
    https://www.asmart.jp/p_90021113

    〜収録楽曲〜
    01.ABCがワカラナイ
    02.(not) just for show
    03.親愛なる遠い君へ
    04.恋はケ・セラ・セラ
    05.陳腐なラブソングのせいにして
    06.ABCがワカラナイ〜The 4 Tones Edit〜

    ■■Music Video
    「ABCがワカラナイ」
    URL:https://youtu.be/gpSfuHh3Wmk

    「恋はケ・セラ・セラ」
    URL: https://www.youtube.com/watch?v=1WwYNrn1JF4


    ■■Profile
    上野正明(vo/gt)、高村風太(vo/key)、Chie(vo/gt)、月川玲(vo/ba)による4人組。“Show me your smile”をテーマに掲げ、明るく楽しく、時には悲しく切ないことすらも軽快に鳴らし、聴く人を笑顔に、元気に、応援していく。メンバー全員がボーカルを務め、4人のコーラスワークを武器にするバンド。2020年9月18日に、1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」をリリース。

    Official HP:https://hi-cheers-official.com/

    配信限定

    ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした

  • news

    阪本奨悟 2nd Album「=+」発売記念オンラインサイン会開催決定!! 初回限定盤DVDのトレーラーも解禁 !

    More

    シンガーソングライターの阪本奨悟が、2nd Album「=+」発売記念オンラインサイン会を開催することが決定しました。

    阪本奨悟にとって初のオンラインイベントとなる今回のイベントは、MeeUPで行う10月12日と、タワーレコードで行う10月20日の2日間です。2020年9月23日(水)正午~10 月5日(月)正午までの販売期間内に、対象商品をMeeUP特設ページ、タワーレコードオンライン特設ページから購入すると、宛名&サインをブックレットに入れてお届けするという形となります。また、生配信中には、抽選で3名様に阪本奨悟が生電話するスペシャル企画も含まれるとのこと!ただし、販売数量には限りがあるので、詳細をお見逃しなきようチェックしてくださいね。

    なお、生配信は対象商品を購入していなくても、MeeUP、タワーレコードそれぞれの公式YouTubeチャンネルで無料で閲覧可能なので、ぜひ見逃さないようにして当日はリアルタイムのコメントなどで一緒に盛り上がりましょう!

    さらに本日、2nd Album「=+」初回限定盤に付属のDVDのトレーラーも解禁されました。MVのメイキング映像やレコーディングの裏側の他、「=+」にちなんだ無茶振り企画に挑戦しているコーナーを収録した“「=+」Behind The Scene”の内容も少しだけ公開しておりますので、ぜひチェックしてください。

    ◎阪本奨悟 2nd Album「=+」初回限定盤DVD Trailer
    https://youtu.be/ukZ3K2W2SSg

    <オンラインサイン会詳細>
    【第1回2ndアルバム「=+」発売記念オンラインサイン会@MeeUP】

    ■開催日時
    2020年10月12日(月) 19:00 START
    ※開始時間は目安となります。時間は前後する場合がございます。
    特設ページ:https://meeup.tokyo/products/sakamoto_1012?variant=36188119171231

    ■内容
    オンラインサイン会(お客様のニックネーム入り)


    ■対象商品
    10月14日発売

    「=+<10月12日オンラインサイン会付き初回限定盤>」 ¥4,180(税込)
    「=+<10月12日オンラインサイン会付き通常盤>」¥3,300(税込)

    ■販売期間
    2020年9月23日(水)正午 ~ 10 月5日(月)正午
    ※商品の数量には限りがございますので、無くなり次第販売終了となります。

    ■購入方法
    下方、商品カートよりご希望の商品をお申し込みください。
    初回限定盤:https://meeup.tokyo/products/sakamoto_1012_gentei
    通常盤: https://meeup.tokyo/products/sakamoto_1012_tsujyo

    ※1回の決済で3枚までご購入いただけます。
    ※一回のご配送につき、全国一律700円(但し、沖縄の場合は別途600円)、1回の決済で、商品代金合計10,000円以上お買い上げの方は送料無料となります。
    ※商品の数量には限りがございますので、無くなり次第販売終了となります。
    ※お振込人名は必ず、お申し込みされた方の本名の記入をお願いします。
    ※商品の数量には限りがございますので、無くなり次第販売終了となります。
    ※販売終了時間は、予告なく前後する可能性がございます。予めご了承ください。
    ※会員登録(無料)せずにご購入可能です。
    ※実施分の商品・特典につきましては、イベント終了後、随時発送となります。商品のお届け時期は、地域によって前後する可能性がございますので、予めご了承下さい。

    ■オンラインイベント内容
    オンラインサイン会:対象商品を1枚ご購入の方に、ブックレットにサイン(お客様のニックネーム入り)を入れてお届けいたします。ご購入頂いた方の中から抽選で3名様に生配信中にお電話させていただきます。
    ※生電話の当選者は配信中の発表となります。
    MeeUPでのご購入時に登録頂いた会員情報の電話番号におかけします。 
    2回以上通話が繋がらない場合は、かけ直しはいたしませんのでご了承ください。

    ※ブックレットは商品ご購入数分お付けし、商品と同梱で発送します。
    ※商品の発送はイベント終了後、随時発送となります。
    ※ご購入の数量にかかわらず、一回のご注文で希望できるお宛名(ご本名または、ニックネーム)は1つのみとなります。
    ※ご本名及びニックネームは「ご購入手続き」からご入力ください。
    ※アーカイブ配信も予定しておりますので、後日そちらからもご覧になる事が出来ます。

    ■サイン会のニックネーム(宛名)注意事項
    ※「ニックネーム」はひらがな orカタカナ 限定で7文字以内でお願い致します。絵文字、顔文字、半角特殊文字(!、&など)、特殊記号などは使用不可となります。
    ※「ちゃん」「さん」「さま」など、付けてほしい敬称まで含めて7文字以内でお願いいたします。
    ※「ニックネーム」を直前で変更した場合には対応できない場合がございますので、購入前に変更いただきサイン会終了まで変更は行わないようお願いいたします。
    ※「ニックネーム」は、登録がなかった場合や、長文である場合、不適切な内容が含まれていると運営サイドが判断した場合には、変更・割愛させて頂く場合がございます。 場合によっては、アーティストからのサインのみとさせていただくこともございますので、ご了承ください。
    ※「ニックネーム」は、1つのアカウントにつき1つとなっております、そのため1つのアカウントから複数ご注文をいただいた場合であっても注文ごとにニックネームの変更は出来ませんことをご了承ください。
    ※ニックネームをリアルタイムで読み上げられない可能性がございます。予めご了承ください。
    ※「ニックネーム」は公序良俗に反するものの場合はご対応出来ません。予めご了承ください。

    ■配信視聴方法
    イベント当日、MeeUP公式YouTubeチャンネルで生配信予定。
    URL:https://www.youtube.com/channel/UCDele2PfAzg_95IuowRqBcw/featured

    ※詳細情報は、MeeUp公式Twitterよりお知らせします。
    http://twitter.com/MeeUp_official


    ■お支払い
    決済方法は「クレジットカード」と「コンビニ」によるお支払いがご利用可能です。
    ▼ご利用頂けるクレジットカード VISA/MASTER/JCB/AMEX ※不正利用防止のため、海外で発行されたカード(VISA・MASTER・AMEXのみ)はご利用不可となります。
    ▼コンビニ払いを選択頂きましたお客様
    以下メールアドレスからコンビニ支払い番号、支払い期日等が届きますので、受信出来るようドメイン解除の設定をお願いい致します。
    no-reply@komoju.com
    ※上記メールアドレスから届いたメールに記載されたお支払い期日までにご入金頂けなかった場合はキャンセルになりますのでご注意ください。
    ▼本サイトからお送りする各種メールの受信に関して 
    以下メールアドレス(ドメイン)から受信できるように設定(またはドメイン解除設定)をお願い致します。
    info@meeup.jp 
    ※尚、お客様の環境設定により迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性もございますので併せてご確認お願い致します。

    ■注意事項
    ※このネットサイン会は、事前にご入金をお済ませ頂いたお客様のみとなります。
    ※特典の性質上、ご注文後のキャンセルはできませんので、予めご了承ください。
    ※ご購入のご確認は会員登録を行なっている方はログインしてご確認ください。会員登録をしないでご購入頂きました方は、本サイトからご購入時にお送りしたメールの「注文を表示する」ボタンをクリックしてご確認ください。
    ※ご購入後のご本名の変更は出来ませんので予めご了承ください。
    ※お客様のご都合による予約の変更・キャンセル、商品の交換・返品は、お受けできません。
    ※商品が破損していた場合、製造不良等瑕疵があった場合、またはご注文商品以外の商品をお届けした場合は、未使用品に限り良品あるいは注文内容と同一の商品と交換します。 なお、代替となる良品の手配が困難な場合は、返品としてお受けし、別途個別にご連絡する運営者所定の方法にて返金いたします。 但し、商品の交換・返品については、商品到着後7日以内にカスタマーサービスまでメールまたは電話にてご連絡頂いた場合に限りお受けいたします。 連絡期間経過後は交換の対応ができませんので予めご了承ください。



    【第2回2ndアルバム「=+」発売記念オンラインサイン会@タワーレコード渋谷店】
    ■開催日時

    2020年10月20日(火) 19:00 START
    ※開始時間は目安となります。時間は前後する場合がございます。
    特設ページ:https://tower.jp/article/feature_item/2020/09/16/0701

    ■内容
    オンラインサイン会  (お客様のニックネーム入り)

    ■対象商品
    10月14日発売
    「=+<10月20日オンラインサイン会付き初回限定盤>」 ¥4,180(税込)
    「=+<10月20日オンラインサイン会付き通常盤>」¥3,300(税込)

    ■販売期間
    2020年9月23日(水)正午 ~ 10月5日(月)正午
    ※商品の数量には限りがございますので、無くなり次第販売終了となります。
    ↓対象商品はこちら
    https://tower.jp/article/feature_item/2020/09/16/0701

    ※1回の決済で1種3枚までご購入いただけます。
    ※1回の決済で配送料220円(税込)。
    ※商品の数量には限りがございますので、無くなり次第販売終了となります。
    ※上記対象商品以外からのご予約、店舗取り置き/取り寄せ/予約サービス(ネットdeカクホ)は対象外となります。
    ※実施分の商品・特典につきましては、イベント終了後、随時発送となります。商品のお届け時期は、地域によって前後する可能性がございますので、予めご了承下さい。

    ■オンラインイベント内容
    オンラインサイン会:[オンラインサイン会]と記載された対象商品を1枚ご購入の方に、ブックレットにサイン(お客様のニックネーム入り)を入れてお届けいたします。ご購入頂いた方の中から抽選で3名様に生配信中にお電話させていただきます。
    ※生電話の当選者は配信中の発表となります。
    タワーレコードオンラインでのご購入時に登録頂いた会員情報の電話番号におかけします。        2回以上通話が繋がらない場合は、かけ直しはいたしませんのでご了承ください。

    ※ブックレットは商品ご購入数分お付けし、商品と同梱で発送します。
    ※商品の発送はイベント終了後、随時発送となります。
    ※ご購入の数量にかかわらず、一回のご注文で希望できるお宛名(ご本名または、ニックネーム)は1つのみとなります。
    ※アーカイブ配信も予定しておりますので、後日そちらからもご覧になる事が出来ます。
    ※サイン会では、タワーオンラインにてご登録いただいている「ニックネーム」を記載いたします。購入前にマイページ内のプロフィールにてご自身の「ニックネーム」の項目の内容を確認してください。また、下記ニックネーム注意事項を必ずご確認下さい。アーティスト本人に判断を委ねる内容もご遠慮ください。

    ≫「ニックネーム」登録/変更方法はこちら
    http://faq.tower.jp/faq/show/1377

    ■サイン会のニックネーム(宛名)注意事項
    ※「ニックネーム」はひらがな orカタカナ 限定で7文字以内でお願い致します。絵文字、顔文字、半角特殊文字(!、&など)、特殊記号などは使用不可となります。
    ※「ちゃん」「さん」「さま」など、付けてほしい敬称まで含めて7文字以内でお願いいたします。
    ※「ニックネーム」は10/5時点で登録されているものを使用させていただきます。
    ※「ニックネーム」は、登録がなかった場合や、長文である場合、不適切な内容が含まれていると運営サイドが判断した場合には、変更・割愛させて頂く場合がございます。 場合によっては、アーティストからのサインのみとさせていただくこともございますので、ご了承ください。
    ※「ニックネーム」は、1つのアカウントにつき1つとなっております、そのため1つのアカウントから複数ご注文をいただいた場合であっても注文ごとにニックネームの変更は出来ませんことをご了承ください。
    ※ニックネームをリアルタイムで読み上げられない可能性がございます。予めご了承ください。
    ※「ニックネーム」は公序良俗に反するものの場合はご対応出来ません。予めご了承ください。

    ■配信視聴方法
    イベント当日、タワーレコード公式YouTubeチャンネルで生配信予定。
    URL:https://www.youtube.com/c/TowerJp/featured

    ■ご注意事項
    ※オンラインサイン会へのご参加は、上記期間内にご購入頂き、クレジットカードの決済が完了された方を対象とさせて頂きます。
    ※販売期間終了後に事前に決済を取る旨、別途連絡させていただきます。
    ※クレジットカードの決済がエラーとなった場合は、ご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
    ※決済方法:クレジットカードのみ
    ※クーポン:利用不可
    ※他の商品との同時購入:不可
    ※配送先:宅配のみ
    ※住所不備などいかなる理由であっても商品が返送された場合には再送は承れませんのでご了承ください。
    ※配送は注文ごとに行わせていただきます。複数のご注文をいただく場合には、注文ごとに梱包・配送を行わせていただきます。
    ※配信時のネットワークの関係上、一時的に配信が切れてしまう可能性がございます。
    ※ご購入いただいたCDのご返品はお受けできません。商品の不良があった場合、返金ではなく良品との交換になります。



    <リリース情報>
    2nd Album「=+」

    2020.10.14 Release

    ■初回限定盤(CD+DVD) / ¥3,800(tax out) / AZZS-109

    【DVD収録内容】
    ・太陽ランナー (Music Video)
    ・「=+」Behind The Scene
    ※MV撮影のメイキングやレコーディングのドキュメンタリー映像だけでなく、タイトルの「=+」にちなんだ無茶振り企画に挑戦するバラエティコーナーも収録。

    ■通常盤(CD only) / ¥3,000(tax out) / AZCS-1094

    【封入特典】
    スペシャルフォトカード(全5種類のうち1種類をランダム封入)

    ■CD収録曲
    1. =+
    2. 太陽ランナー < TVアニメ「あひるの空」エンディングテーマ>
    3. 砂漠のレース
    4. パラレルな関係 <劇場版「王室教師ハイネ」オープニングテーマ>
    5. 恋してる
    6. 大革命
    7. 激浪
    8. わがまま
    9. 無色  <「チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜」エンディングテーマ>
    10. 無限のトライ < TVアニメ「トライナイツ」主題歌>
    11. 宝物


    【CD先着予約購入特典】
    ・A!SMART 特典:全国阪本化計画ステッカー
    ・Amazon 特典:オリジナルブロマイド (Amazon ver.)

    【「ありか」会員限定予約特典】
    ・オリジナルブロマイド (「ありか」ver.)


    ◎阪本奨悟 オフィシャルHP
    http://www.sakamotoshogo.com/

    ALBUM

    =+

  • release

    ひかりのなかに 6ヶ月連続配信リリース第4弾 「タイムマシン」10月14日リリース決定!

    More

    6ヶ月連続配信リリース第四弾「タイムマシン」が10月14日(水)リリースすることが決定いたしました!
    今回リリースされる「タイムマシン」は、今までリリースされた疾走感や青春を感じさせる楽曲とは違って、大人になるに連れて制限がかかったり、現実なことばかり考えてしまいそうになるけれど、自分の頭の中で膨らむ妄想ぐらいは、もっと夢を見てもいいじゃないか。という、楽しいことだけじゃない大人に向かって歩き出し始めている心情を歌う楽曲となっております。

    あわせて公開となったジャケットビジュアルは前作同様、吉本よしもんの書き下ろしのイラスト。
    楽曲をイメージした漫画のようなタッチになっており、6ヶ月シリーズ化されるビジュアルにもぜひご注目ください!

    ひかりのなかに公式ホームページ:https://www.hikarinonakani.com/


    <リリース情報>
    6ヶ月連続配信、第四弾
    Digital Single『タイムマシン』


    2020年10月14日(水)0:00〜 Release!!!

    ===
    6ヶ月連続配信、第三弾
    Digital Single『ムーンライト』

    https://a-sketch-inc.lnk.to/Hikarinonakani_moonlight
    2020年9月2日(水)0:00〜 Release!!!

    6ヶ月連続配信、第二弾
    Digital Single『夏休みのテーマ』

    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hikarinonakani_Natsuyasumi
    2020年8月12日(水)0:00〜 Release!!!

    6ヶ月連続配信、第一弾
    Digital Single『ブルーユース』

    2020年7月29日(水)0:00〜 Release!!!
    配信URL:https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hikarinonakani-Blue-Youth

    配信限定

    タイムマシン

  • release

    アボガド6 Twitterフォロワー数160万人超えの人気クリエイター“アボガド6” 最新漫画作品集「アメデオ旅行記 上」を11月2日に発売!

    More

    アボガド6が2020年11月2日に、最新の漫画作品集『アメデオ旅行記 上』をKADOKAWAより出版します。

    アボガド6はネットを中心にイラスト/マンガ/映像など様々な分野で活動するクリエイターで、SNS上での創作活動が大きな話題を呼び、Twitterフォロワーは160万人を超える支持を集めております。その影響力は国内に留まらず、欧米やアジア圏のファンからも熱い注目を受けています。

    アボガド6はこれまで漫画単行本3作品、画集3作品を発表してきており、国内累計発行部数は20万部を突破し、中国版や台湾版も出版しています。

    今回発売する『アメデオ旅行記 上』は、著者初となる上下巻構成による刊行。ネット上で発表済の「静寂の国」ほか、大部分を描き下ろした大ボリュームの新作作品集です。様々な種族、様々なルールが支配する国を巡り、旅人たちは果たしてどこへ向かい、何を発見するのか。アボガド6が描き出す令和のガリヴァー旅行記から目が離せません!発売までお楽しみに!


    【作品情報】
    アボガド6
    『アメデオ旅行記 上』

    発売:2020年11月2日
    価格:1,000円+税
    ISBN:9784046049353


    ・アボガド6 プロフィール
    アボガド6はネットを中心にイラスト/マンガ/映像など様々な分野で活動するクリエイター。SNS上での創作活動が大きな話題を呼び、Twitterフォロワーは160万人を超える支持を集めている。その影響力は国内に留まらず、欧米やアジア圏のファンからも熱い注目を受けている。
    アボガド6はこれまでマンガ単行本3作品、画集3作品を発表してきており、国内累計発行部数は20万部を突破し、海外版も出版している。また、NHK「みんなのうた」のアニメーションを担当するなど、映像分野でも活躍している。

    アボガド6 OFFICIAL HP
    https://www.avogado6.com

  • release

    WEAVER 新曲「CARRY ON」がデビュー記念日の10月21日に配信決定!

    More

    WEAVERの新曲「CARRY ON」が2020年10月21日(水)に配信リリースすることが決定いたしました。本日20日に大阪城音楽堂にて開催された「KANSAI LOVERS 2020」に出演したWEAVER。そのステージ上でメンバーの口からリリース発表となり、デビュー日である10月21日(水)に配信リリースし、11年目を迎えるWEAVERとして歩み続ける決意を楽曲に込めております。なお、今作のジャケット写真はDr.河邉による撮り下ろしの写真です。

    <メンバーコメント>
    ▼楽曲に込めた思い


    デビュー10周年となる2020年は全く想像も出来ない1年となりました。
    音楽を鳴らす大事な場所を失った世界で、僕らが音楽を続ける意味を日々探し続けました。
    その答えがこの曲です。

    『We're not alone, just carry on.』

    10年進み続けてきた僕らと、この音楽を愛してくれるあなたとだから見れる未来があります。
    僕らが幸せだと感じる場所であなたとこの歌を歌える事を楽しみにしています。


    ▼JK写に込めた思い(Dr.河邉徹)

    三つの車輪で進んでいく三輪車をWEAVERのメタファーとし、
    果てしない道を力を合わせて進み続けていくことを表現しました。
    社会に大きな変化が訪れる中、10周年を超え、決して平坦ではない道をWEAVERはさらに走り続けます!


    <リリース情報>
    WEAVER
    「CARRY ON」
    2020年10月21日Digital Release!




    WEAVER
    「10th Anniversary Live 最後の夜と流星~We're Calling You~」


    DL&Streaming
    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/WEAVER_10th_Anniversary_Live

    <リリース情報>
    3月31日(火)発売 
    WEAVER
    「10th Anniversary Live 最後の夜と流星~We're Calling You~」

    ¥6,000(tax out)
    AZBS-1056

    アスマート内 LIVE DVD「10th Anniversary Live 最後の夜と流星〜We’re Calling You〜」ページ:
    https://www.asmart.jp/p_90017883
    ※アスマート限定商品 DVD(購入者特典:A5クリアファイル)

    <収録楽曲>
    OPENING(Piano Overture)
    01. 白朝夢
    02. 僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
    03. トキドキセカイ
    04. 管制塔
    05. 夢じゃないこの世界
    06. 旅立ちの唄
    07. Life(Acoustic Ver.)
    08. Overture I’m Calling You
    09. 流れ星の声
    10. 最後の夜と流星
    11. InterludeⅠ
    12. 栞
    13. InterludeⅡ
    14. Loop the night
    15. Interlude Ⅲ
    16. 透明少女
    17. I would die for you
    18. Shine
    19. メドレー
       やさしい詩
       最終バス
       Hard to say I love you 言い出せなくて
       KOKO
    20. Shall we dance
    21. くちづけDiamond
    22. Free will
    23. カーテンコール
    24. Tonight
    EN1. 海のある街
    EN2. 光と呼ぶもの(未発表曲)※DVDのみ収録



  • release

    Hi Cheers! 新曲「(not) just for show」先行配信開始!さらにEPリリースを記念した生配信番組も実施決定!

    More

    本日、Hi Cheers!(読み:ハイチーズ)の新曲「(not) just for show」が配信リリースとなりました!
    この楽曲は、9月18日に発売される1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」からの先行配信楽曲となります。

    また、EPリリースを記念した特別番組「『ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。』発売記念SP」が、9月19日21:00からスペースシャワーTVの公式LINEアカウント及び、Hi Cheers!オフィシャルYouTubeチャンネルで生配信されることも決定しました。この配信番組では、メンバー自身の口から1st EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」についての魅力や制作秘話などを語るトークパートや、生配信番組ならではの企画も準備しているので、楽しみにしていてくださいね。

    また、EP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」のCDが、タワーレコード各店舗及びアスマートで販売されることも発表となりましたので、こちらも合わせてチェックしてください。
    ※お買い上げの際は、在庫の有無に関して各タワーレコード店舗にお問い合わせください。

    〈番組情報〉
    Hi Cheers!「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」発売記念SP

    9月19日(土) 21:00〜


    <スペースシャワーTV公式LINE LIVE>
    https://live.line.me/channels/52/upcoming/14845245

    <Hi Cheers! オフィシャルYouTubeチャンネル>
    https://youtu.be/Cd9nxdrdkH4

    ■■リリース情報:
    タイトル:「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」

    https://a-sketch-inc.lnk.to/Hi_Cheers_sodasui


    配信日:2020/9/18(金)0:00
    発売日:2020/9/18(金)
    金額:¥1,500(税抜)
    品番:AZNT-53
    リリース形態:CD・配信
    ※CDはアスマート、タワーレコード店舗限定

    アスマート商品ぺージ
    https://www.asmart.jp/p_90021113

    〜収録楽曲〜
    01.ABCがワカラナイ
    02.(not) just for show
    03.親愛なる遠い君へ
    04.恋はケ・セラ・セラ
    05.陳腐なラブソングのせいにして
    06.ABCがワカラナイ〜The 4 Tones Edit〜

    楽曲タイトル:「(not) just for show」
    配信日:2020/9/11(金) 0:00
    URL: https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hi_Cheers_not_just_for_show

    ■■Music Video
    「ABCがワカラナイ」

    URL:https://youtu.be/gpSfuHh3Wmk

    「恋はケ・セラ・セラ」
    URL: https://www.youtube.com/watch?v=1WwYNrn1JF4

    Official HP:https://hi-cheers-official.com/

    配信限定

    ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした

  • release

    ONE OK ROCK 昨年より全国で開催し30万人を動員した『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』の映像作品が発売決定!

    More

    アルバム「Eye of the Storm」を携えた全国アリーナツアーの映像作品『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』の発売が10月28日に決定しました。

    『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』は、2019年9月22日からスタートしたツアーで、本作品は2020年1月に開催した横浜アリーナ公演が収録されております。

    今作も100ページにも及ぶブックレットが付属し、メンバーの撮り下ろし写真、コメンタリーやライブレポートなど、読み応えのある内容となっておりますので、お楽しみに。

    <映像作品販売リンク>
    :アスマート:
    ・Blu-ray
    https://www.asmart.jp/p_90020996
    ・DVD
    https://www.asmart.jp/p_90020997

    ・AMAZON
    https://www.amazon.co.jp/s?rh=p_78%3AB08HH8PLM6%7CB08HH9546X%7CB08HJQS3FW%7CB08HJVJ9T1

    :タワーレコード:
    ・Blu-ray
    https://tower.jp/item/5098870
    ・DVD
    https://tower.jp/item/5098867

    10月11日にはONE OK ROCK 自身初となるオンラインライブ、『ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming』を無観客のZOZOマリンスタジアムから世界同時生配信。無観客でしか表現できないオンラインライブを実施します。

    会場のファンを熱狂させた全国アリーナツアーと、無観客で開催されるオンラインスタジアムライブの両方を、是非この機会にチェックしてください。

    <リリース情報>
    LIVE DVD&Blu-ray
    『ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR』


    2020年10月28日(水)Release!!!
    ■品番:【DVD】AZBS-1059/ 【Blu-ray】AZXS-1033
    ■価格 : 【DVD】¥6,050(tax in)/【Blu-ray】¥7,150(tax in)
    ■収録曲 :
    1. Eye of the Storm
    2. Take me to the top
    3. We are
    4. Taking Off
    5. Re:make
    6. Can't Wait
    7. Clock Strikes
    8. Head High
    9. Grow Old Die Young
    10. Change
    11. Worst in Me
    12. Be the light
    13. In the Stars
    14. Instrumental
    15. Push Back
    16. キミシダイ列車
    17. じぶんROCK
    18. Giants
    19. The Beginning
    20. Mighty Long Fall
    21. Wasted Nights
    22. Stand Out Fit In
    23. 完全感覚Dreamer

    【CDショップ先着予約購入特典】

    「ジャケット絵柄A4クリアファイル」
    ※DVD/Blu-ray共に対象となります。
    ※特典数量に限りがありますので、無くなり次第終了となります。
    ※一部のオンラインサイトやCDショップで特典が付かない場合があります。
    事前にご予約されるオンラインサイト/CDショップにてご確認下さい。

    <公演情報>
    [ONE OK ROCK 2020 “Field of Wonder” at Stadium Live Streaming]

    2020年10月11日(日)
    OPEN 17:00 / START 18:00(日本時間)

    [ONE OK ROCK Official Live Streaming Site]
    https://20201011.oneokrock.com

    DVD/Blu-ray

    ONE OK ROCK “EYE OF THE STORM” JAPAN TOUR

  • release

    ひかりのなかに 9月2日(水)リリース「ムーンライト」 本日AWAにて先行配信 ティザー映像公開!

    More

    9月2日(水)にリリースする、6ヶ月連続配信リリース第三弾の楽曲「ムーンライト」が本日AWAにて先行配信がスタートしました。今回リリースされる「ムーンライト」は、現在18歳のひかりのなかにが、大人には語れない、大人になる前の葛藤を描く心情を歌った等身大の楽曲となっております。配信リリース前の一足先に楽曲を楽しめる機会となっているので是非チェックしてくださいね。

    AWA先行配信URL:https://mf.awa.fm/3h9TFyz

    あわせて本日ティザー映像もYouTubeのひかりのなかにChannelにて公開となりました
    URL:https://youtu.be/WZPq0roMoRQ

    ジャケットビジュアルは前作同様、吉本よしもんの書き下ろしのイラストです。楽曲をイメージした漫画のようなタッチになっており、6ヶ月シリーズ化されるビジュアルもお楽しみに!

    ひかりのなかに公式ホームページ:https://www.hikarinonakani.com/

    <リリース情報>
    6ヶ月連続配信、第三弾
    Digital Single『ムーンライト』

    2020年9月2日(水)0:00〜 Release!!!
    AWA先行配信URL:https://mf.awa.fm/3h9TFyz

    ===
    6ヶ月連続配信、第二弾
    Digital Single『夏休みのテーマ』


    2020年8月12日(水)0:00〜 Release!!!
    ===

    6ヶ月連続配信、第一弾
    Digital Single『ブルーユース』


    2020年7月29日(水)0:00〜 Release!!!
    配信URL:https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hikarinonakani-Blue-Youth

    :Official Site:https://www.hikarinonakani.com/

    配信限定

    ムーンライト

  • release

    Hi Cheers! 9月18日(金)に初のEP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」リリース決定!! 全曲ダイジェスト&ジャケット写真公開!!

    More

    Hi Cheers!(読み:ハイチーズ)が9月18日に、初のEP「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」をリリースする事が発表されました。

    このEPには、既にリリースされている「ABCがワカラナイ」「恋はケ・セラ・セラ」のほか、Chie(vo/gt)と月川玲(vo/ba)の女性二人が切なく歌うバラード「親愛なる遠い君へ」や、メンバー全員がメインボーカルとして歌うスペシャルバージョン「ABCがワカラナイ 〜The 4 Tones Edit〜」など、新たにロック、ファンク、R&Bと様々なスタイルの楽曲を加えた全6曲を収録。Hi Cheers!の音楽の多様性と魅力が存分に詰まった作品になっております。

    さらに、それらの楽曲の一部を先駆けて聴くことができる全曲ダイジェストティザーがオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開されました。

    あわせて、ハッシュタグキャンペーンもスタート!公開された全曲ダイジェストティザーの中から、先に聴いてみたい楽曲をハッシュタグ「#ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした」をつけてSNSに投稿すると、投稿数が多かった楽曲が、先行配信されるというキャンペーンになっております。このキャンペーンは本日21:00〜9月5日18:00までとなっておりますので、気になる人はチェックしてくださいね。

    ■リリース情報:
    タイトル:「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」



    配信日:2020/9/18(金)0:00
    〜収録楽曲〜
    01.ABCがワカラナイ
    02.(not)just for show
    03.親愛なる遠い君へ
    04.恋はケ・セラ・セラ
    05.陳腐なラブソングのせいにして
    06.ABCがワカラナイ〜The 4 Tones Edit〜

    ・Hi Cheers!「ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした。」Teaser

    URL:https://youtu.be/At9DuU3T7yo

    楽曲タイトル:「ABCがワカラナイ」
    配信日:2020/7/17(金) 0:00

    https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hi-Cheers-ABC-Ga-Wakaranai

    楽曲タイトル:「恋はケ・セラ・セラ」
    配信日:2020/8/14(金) 0:00

    URL:https://A-Sketch-Inc.lnk.to/Hi_Cheers_Koi_Wa_Que_Sera_Sera

    ■Music Video
    「ABCがワカラナイ」
    URL:https://youtu.be/gpSfuHh3Wmk

    「恋はケ・セラ・セラ」
    URL: https://www.youtube.com/watch?v=1WwYNrn1JF4

    Official HP:https://hi-cheers-official.com/

    配信限定

    ソーダ水はたいへん気持ちのよいものでした

  • release

    さなり 9月22日(火・祝)恵比寿LIQUIDROOMにて ワンマンライブ 「Sanari Seventeen’s Late Summer Vacation」 の開催が決定!

    More

    9月22日(火・祝)に恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブ「Sanari Seventeen’s Late Summer Vacation」の開催が決定いたしました。

    こちらは本日開催されたOPENREC.tvでのスペシャル番組内で発表となり、高校生活最後の年となるさなりが昨今の状況で以前より短くなった夏休みを一緒に過ごしたいという想いから「遅れてきた17歳の夏休み」というタイトルとなったワンマン公演となります。
    そして、初のバンド編成でのワンマンライブとなり、配信だけでなく限定100名は会場にてライブを楽しめるプレミアムチケットの発売も決定しております。プレミアムチケットには、オリジナルTシャツやこのチケットでしか手に入らないオリジナルLEDリストバンドが付いてきますので、ぜひこの機会にお申し込み下さい。

    また、auスマートパスに加入すると配信チケットのチケット代が特別価格で購入でき、本日22:00よりさなりファンコミュニティサービス「Sanari Sick Space」にて来場プレミアムチケットの先行受付も開始されますので、こちらも是非入会して申し込んで下さいね。

    【公演概要】
    タイトル:「Sanari Seventeen’s Late Summer Vacation」

    日時:2020年9月22日(火祝) open15:15 / start 16:00

    <来場プレミアムチケット>
    ¥10,600 (オリジナルTシャツMサイズ / オリジナルLEDリストバンド / ドリンク付)
    ¥10,600 (オリジナルTシャツLサイズ / オリジナルLEDリストバンド / ドリンク付)
    「Sanari Sick Space」抽選先行
    受付:8/20(木)22:00~8/30(日)23:59
    URL:https://fanicon.net/fancommunities/1461

    <配信チケット>
    auスマートパスプレミアム会員¥2,500 / 一般¥3,500
    発売日:8月20日(木)20:00~9月27日(日)9:00
    URL:https://up.auone.jp/articles/id/80916

    SINGLE

    Hero

  • release

    まふまふ 待望のメットライフドームワンマン映像化! 約35,000人が熱狂した、初のLIVE映像作品が Blu-ray & DVD で発売決定! スペシャルサイトOPEN!

    More

    昨年6月に開催し、約35,000人を動員した初のドームワンマンライブ「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」のLIVE Blu-ray & DVDが10月14日(水)に発売されることが決定いたしました。

    本作品は、「曼珠沙華」「忍びのすゝめ」「それは恋の終わり」等、代表曲に加え、杉野遥亮主演ドラマ「スカム」主題歌の「ジグソーパズル」、TVアニメ「かつて神だった獣たちへ」オープニングテーマ「サクリファイス」、MVに総勢150人以上のキャラクターが登場して話題となった少年ジャンマガ学園 公式テーマソングの「拝啓、桜舞い散るこの日に」など当日演奏された全22曲が収録されます。

    Blu-ray盤は三方背スリーブケース・デジパック仕様となっており、またBlu-ray、DVD共に初回プレス分にはアーティストフォトカード(実写/全5種のうちランダム1種)が封入特典となっております。

    また本日よりLIVE Blu-ray & DVD「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」スペシャルサイト(https://supermafumafuworld.com/)を公開いたしました。

    さらにアルバム購入者を対象とした各店舗別特典も明らかになりました。まふまふがライブで着用していた衣装をもとに、茶々ごま氏によって新たに描き下ろされたイラスト4種類が、アニメイト、Amazon.co.jp、タワーレコード、セブンネットショッピングにて、それぞれの限定絵柄缶バッチが特典となります。また応援店(店名は後日発表)ではステッカーをプレゼントいたします。

    新型コロナの影響により今年の3月に開催を予定していた東京ドーム公演が中止となり、ファンにとっても待望のライブ映像作品となっております。詳細はスペシャルサイトをチェックしてくださいね。

    ■LIVE Blu-ray & DVD「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」商品情報

    発売日:2020年10月14日(水)
    タイトル:ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~
    アーティスト名:まふまふ
    収録曲:
    01.輪廻転生
    02.ベルセルク
    03.立ち入り禁止
    04.ジグソーパズル
    05.君色々移り
    06.サクリファイス
    07.恋と微炭酸ソーダ
    08.拝啓、桜舞い散るこの日に
    09.朧月
    10.夢花火~鏡花水月(Acoustic ver.)
    11.ナイティナイト
    12.廃墟の国のアリス
    13.曼珠沙華
    14.とおせんぼう
    15.彗星列車のベルが鳴る
    16.水彩銀河のクロニクル
    17.忍びのすゝめ
    18.夢のまた夢

    EN1.すーぱーぬこになれんかった
    EN2.眠れる森のシンデレラ
    EN3.それは恋の終わり

    (※本作品にMCシーンは含まれておりません。)

    商品形態:
    [Blu-ray] 品番:AZXS-1031 価格:¥5,000+税*三方背スリーブケース・デジパック仕様
    [DVD] 品番:AZBS-1055 価格:¥3,800+税

    封入特典:アーティストフォトカード(実写/全5種のうちランダム1種)*Blu-ray、DVD共に初回プレス分にのみ封入

    発売元:A-Sketch

    ■まふまふ LIVE Blu-ray & DVD「ひきこもりでもLIVEがしたい!
    ~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」スペシャルサイト

    https://supermafumafuworld.com/

    ■LIVE Blu-ray & DVD「ひきこもりでもLIVEがしたい!
    ~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」店舗別オリジナル特典内容

    ・アニメイト:アニメイト 限定絵柄缶バッチ
    ・Amazon.co.jp:Amazon.co.jp限定絵柄缶バッチ
    ・タワーレコード:タワーレコード 限定絵柄缶バッチ
    ・セブンネットショッピング:セブンネットショッピング 限定絵柄缶バッチ
    ・応援店:ステッカー *後日、店名発表


    ■LIVE Blu-ray & DVD「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~」スペシャルサイト
    https://supermafumafuworld.com/

    ■ひきこもりでもLIVEがしたい!〜すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム〜 ダイジェスト映像
    https://youtu.be/B59XIOal52Y

    DVD/Blu-ray

    ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2019@メットライフドーム~

  • release

    LAMP IN TERREN 秋の全国ワンマンツアーを前に”今の状況”だからこそ生まれた楽曲たちが織りなす、約1年10ヶ月ぶりとなるニューアルバム「FRAGILE」リリース!!

    More

    約1年10ヶ月ぶりとなる、ニューアルバム「FRAGILE」(読み:フラジール)を10月14日にリリースすることを発表し、新たなアーティスト写真を公開いたしました。

    2020年全国ワンマンツアーを前にリリースされる今回のニューアルバムは、新曲を含む10曲を収録しており、タイトルの「FRAGILE」=「壊れやすい」に象徴される、繊細さを帯びた楽曲、内省的な楽曲など、新型コロナウィルスによる自粛期間だからこそ生まれた楽曲も収録されたアルバムとなっております。また、初回盤DVDには “Live × Movie at Star lounge”と題した映像も10曲収録され、CD、DVDそれぞれ収録曲の詳細は後日発表となります。

    ニューアルバムは本日より予約受付がスタートし、タワーレコード及びタワーレコードオンラインでは各メンバーが描き下ろしたアナザージャケットがランダムでプレゼントされます。さらに早期予約キャンペーンが実施され、9月6日(日)までに予約購入すると、アナザージャケットにメンバー全員の直筆サインがついてきます。一般CDショップ特典としてはオリジナルステッカーがプレゼントされます。

    また、彼らは10月24日(土)千葉LOOKを皮切りに12月の恵比寿LIQUIDROOM公演まで、自身最多本数となる20公演の全国ワンマンツアーを開催予定です。現在オフィシャル先行予約受付中となっております。各会場ソーシャルディスタンスをキープした上での開催予定のため、通常よりキャパシティ制限がされるので、早めにチェックしてください。



    <リリース情報>
    2020.10.14

    New Album ” FRAGILE”(読み:フラジール)
    初回盤【CD+DVD】 AZZS-111 / ¥4,500(tax out)
    通常盤【CD】 AZCS-1096 / ¥3,000(tax out)
    ※全10曲収録予定

    【初回盤DVD収録内容】
    “Live × Movie at Star lounge”(全10曲収録)

    【CDショップ先着予約購入特典(店頭/オンライン)】
    ・タワーレコード:各メンバー描き下ろしアナザージャケット(全4種類のうちランダム1種) /
    ・一般CDショップ:オリジナルステッカー
    ※ デザインは後日発表となります
    ※ 一部実施のない店舗がある場合もございます。あらかじめご了承ください。
    ※ 特典はなくなり次第終了となります。

    【タワーレコード早期予約特典キャンペーン】
    ニューアルバム「FRAGILE」の発売を記念して、早期予約特典キャンペーン実施が決定! (~9/6(日) 23:59)

    【キャンペーン内容】
    タワーレコードにて、「FRAGILE」初回盤・通常盤のいずれかを下記予約期間中にご予約頂いた方には各メンバー描き下ろしアナザージャケット(全4種類のうちランダム1種)にメンバー全員のサインを入れてプレゼントします。
    ※特典は商品と一緒にお渡しとなります。

    【早期予約期間】 ~9月6(日) 23:59まで
    ※店舗でのご予約は9月6日(日)閉店までとなります。

    【対象CDショップ】タワーレコード(オンライン含む)

    <ツアー情報>
    LAMP IN TERREN ワンマンツアー2020 『Progress Report』

    10月24日(土)千葉LOOK
    10月26日(月)東京・渋谷Star lounge
    10月29日(木)京都磔磔
    10月30日(金)香川・高松DIME
    11月1日(日)広島CAVE-BE
    11月2日(月)福岡DRUM Be-1
    11月3日(火・祝)長崎DRUM Be-7
    11月7日(土)宮城・仙台enn2nd
    11月14日(土)長野・松本ALECX
    11月15日(日)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
    11月22日(日)大阪BIGCAT
    11月23日(月・祝)静岡UMBER
    11月26日(木)東京・渋谷Star lounge
    11月28日(土)岩手・盛岡the five
    11月29日(日)福島・郡山PEAK ACTION
    12月5日(土)北海道・札幌BESSIE HALL
    12月6日(日)北海道・旭川CASINO DRIVE
    12月10日(木)岡山IMAGE
    12月11日(金)愛知・名古屋CLUB QUATTRO
    12月13日(日)東京・LIQUIDROOM ebisu
    ※各会場OPEN/START時間はHPにてご確認ください

    チケット料金:全自由/前売¥3,900 (+1D)
    ※10月26日と11月26日の渋谷Star lounge公演は、定期公演ではなく、ワンマンツアーとして開催いたします。

    オフィシャル先行予約
    受付URL:https://eplus.jp/lit20hp/
    8月26日(水)23:59まで

    OFFICIAL HP: http://www.lampinterren.com/

    ALBUM

    FRAGILE

Tweet

Topへ戻る